史上最大最強といわれた台風、「ハイヤン」の中を捉えた動画

自然の恐ろしさを改めて感じます。

2013年、フィリピンを襲った台風30号、別名「ハイヤン」。犠牲者の数はは6,000人以上、陸に上陸した台風としては、観測史上最大最強だったと言われています。

そのハイヤンの中を、なんとGoProを持って撮影していた人がいました。別名をエクストリーム・カメラマンともいうJim Eddsさんというプロのカメラマンです。

瞬間最大風速105kmに達したと言われる暴風によって、ありとあらゆる物体が吹き飛ぶ光景は目を疑うほどです。

資料としては大変貴重な映像ですが、これを見て我々1人ひとりが何ができるのか、とても考えさせられます。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(渡邊徹則)