冥王星にある動く丘の謎、やっと解ける

160206pluto.jpg

冥王星はいつだってミステリアス!

冥王星の表面で、ちょっと不思議なことが起こっています。数キロごとにいくつもの丘が存在しているんですが、なんとその丘、動いているようなんです。

NASAはこの現象に対して「これはただの丘ではなく、氷山なんです」と説明しています。この説明、あるコトを除いては、きちんとした説明に思われます。だって、冥王星の表面は氷ですよね。じゃあどうして氷の上に氷山が浮くんでしょうか?

冥王星の氷の上に浮く氷の動きは、NASAのニュー・ホライズンズチームでも1ヶ月以上議論され続けてきました。

実は、氷の上で氷が浮くということに対する説明は、つじつまが合うんです。なぜなら氷には2つ種類があって、一つは冥王星では普通に存在する窒素の氷。そして、もう一つは私たちがよく知ってる水の氷。窒素氷は、水氷よりもかなり密度が高いんです。

ということは、水氷の丘は窒素氷の上に浮くことができるんですね。まさに、サイエンス。冥王星の魅力は、まだまだたくさん眠っていそうです。

image by NASA/JHUAPL/SwRI

Source: NASA

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(リョウコ)