完璧なホットケーキの定義を物理学で解説

完璧なホットケーキの定義を物理学で解説 1

ホットケーキを作る時、表面にボコボコ穴が開いたり、端っこに変な輪ができたりしませんか? 物理学を織り交ぜた新しい理論に従えば、完璧なホットケーキを作れるかも。

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが世界中にある14のホットケーキのレシピを比較した結果を、Mathematics TODAYというジャーナルで発表しました。この研究は、まず数学者と眼科医のコラボレーションから始まります。実は、ホットケーキの質感と色などのパターンを理解することは、緑内障を治療するための外科手術を改善することにつながるかもという望みのもとだったそうです。おもしろいことに、眼科治療とホットケーキ作りは同じ物理学の基礎研究のもとにあるんですね。

ホットケーキの分析を理解するために、いくつかの専門用語をわかっておかなければいけません。まずは「アスペクト比」です。アスペクト比とは、ホットケーキの直径とホットケーキを作るのに使用された生地の体積を比べたものです。アスペクト比が低いほど、ホットケーキは厚くなります。なぜなら、液体の等量がパンケーキをどんどん小さくしてしまうからです。次の用語は「ベーカーズパーセント」です。これは、液体と小麦粉の比率を表すもので、高くなるほど、生地は薄くなります。ベーカーズパーセントを下げるには、同じ量の液体に対して、少ない量の小麦粉を混ぜればいいということです。

完璧なホットケーキの定義を物理学で解説 2最近の研究では、違うホットケーキのそれぞれのアスペクト比は、レシピによって劇的に変わるとわかっています。小さい枕のような形をしたオランダのポッフェルチェというホットケーキのアスペクト比は3です。でも薄いクレープのアスペクト比は300。一方ベーカーズパーセントは、ホットケーキによって大きく変わることがありません。比較したすべてのホットケーキを見ても、だいたい100から225くらいだったそうです。でも焼く時にいろんなおもしろい違いを見ることができたそうです。

次は割合がどのようなものか見ていきましょう。ベーカーズパーセント100の濃い生地を作ると、表面に穴がボコボコあいてしまいます。ホットケーキの生地の中にある水分は焼く時に蒸発しますが、分厚いホットケーキだと中に留まってしまうんです。それが逃げようとして上に押されて、穴ができてしまいます。逆にベーカーズパーセント225で薄めの生地を作ると、表面に小さい黒い点がたくさんできてしまい、ホットケーキ生地が一番薄くなる端っこに黒い輪っかができてしまいます。水分が逃げていくには十分な薄さの生地ですが、水分が逃げる時に焦げてしまうんです。中くらいの割合、175だと、生地の厚みは水分がうまく逃げるため、均等で綺麗な焼け具合になります。

さて、これがどう緑内障に関係してくるんでしょうか。緑内障は目の中に溜まった液体が逃げられずに起こる病気です。この液体が視神系に圧力をかけることで、ゆっくりと損傷が起こり、失明の原因となるわけです。どのように液体が逃げていくかがわかれば、この病気に悩む人たちを救うことができるという考えなんですね。

全然違う目的を持っていた数学者と眼科医が、完璧なホットケーキを生み出すとは、おもしろいですね。

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文

(リョウコ)