イスラエル唯一の瓶工場が、砂漠をガラスの山に変えた

160209glassisraels.jpg

イスラエルの砂漠の奥深く、そこにそびえたつのは、緑、茶、白のガラスでできた山々。その積みあがったガラスは、新たな人生が始まるのを待ち受けています。ガラス瓶工場からの美しい写真の数々をご覧に入れましょう。

写真はイスラエル南部地区にある町、Yeruhamにあるガラス工場Phoenicia Glass Works Ltd.からのもの。ここでは、毎日コカ・コーラやペプシなどの巨大飲料企業やイスラエルのワイナリーやオリーブオイル会社などのために、何百万本ものガラス製ボトルや容器が作られています。私たちが普段目にすることのない貴重な光景を撮影したのはAP通信のカメラマン、Oded Baliltyさんです。

ここはイスラエル唯一のガラス容器工場、24時間ひっきりなしで一年中稼働しています。工場を動かす約250人の職員たちは、ユダヤ教最大の休日の一つであり、国中の仕事が止まるヨム・キプルの間でさえも働き続けます。製造の過程では、砕けたガラスをシャベルで炉に入れて溶かし、そこから新たなガラスが生まれます。ガラスの基本素材である砂は近場の砂漠にある採石場から運ばれます。炉を停止すると溶けたガラスが固まり詰まってしまうので、炉を停止させることはできないとか。

工場は国中から集められたガラス瓶のリサイクルもしています。大きな機械がガラスを砕き、工場のジャンクヤードにある緑や茶色のガラスの山に積みあげられ、それがのちに溶かされ、新たなボトルに加工されるのです。色にあふれたガラスの山は15m以上の高さにもなり、幅はサッカー場が数個分入っちゃうほどです。

160209glassisraels2.jpg

製造ラインでガラスの品質チェックをする職員

160209glassisraels3.jpg

積まれた欠陥ガラスをリサイクル用に下ろすところ

160209glassisraels4.jpg

箱に詰められた欠陥ガラスを運ぶ

160209glassisraels5.jpg

製造ラインをガラスの大群が進む

160209glassisraels6.jpg

休憩中

160209glassisraels7.jpg

割れたガラス瓶がリサイクル用に積み上げられている

160209glassisraels8.jpg

手押し車に入った割れたガラスを運ぶ作業員と、

その横のコンベアベルトを流れる出来たてのコーラのボトル

160209glassisraels9.jpg

ガラス瓶製造に使われた砂を掃く様子

160209glassisraels10.jpg

緑のガラス瓶にうずもれ隠れたタイヤ

160209glassisraels11.jpg

欠陥ガラス瓶を割っているところ

160209glassisraels12.jpg

もっと割っているところ

160209glassisraels13.jpg

緑(のガラス)あふれる山脈

160209glassisraels14.jpg

その上には鳥が

160209glassisraels15.jpg

とても工業的ながら美しさもある光景

160209glassisraels16.jpg

緑のガラスに囲まれながらも育つ植物

160209glassisraels17.jpg

木もがんばって生えてます

160209glassisraels18.jpg

製造ライン

160209glassisraels19.jpg

炎の中で生まれ変わる瓶たち

160209glassisraels20.jpg

どこか不気味な茶と緑の山々

160209glassisraels21.jpg

プラスチックボトルを回収する様子

160209glassisraels22.jpg

ガッチャーン!

Photos: Oded Balilty / AP

Attila Nagy - Gizmodo US[原文

(abcxyz)