どっちが世界最速? ルービックキューブ・ロボの戦い

クルクルクルっとあっと言う間に6面完成しちゃいます。

2016年2月初旬、ジェイ・フラット氏ポール・ローズ氏の製作したルービックキューブを解くロボット「Rubik's Cube-solving machine」がわずか0.9秒で6面を完成させるという世界新記録を更新したのですが…

その二日前のこと、競争相手のアダム・ビアー氏の「Sub1」が僅か0.887秒でクリアしていたんです!じゃあこっちが世界新記録なんじゃないのって思いますよね?

これを見ると、コンピューターアルゴリズムでぐちゃぐちゃにされたルービックキューブをビアー氏のマシーンは20手で全面クリアしています。ボタンがポチっと押されてから全面揃うまで、本当にあっという間! まさに、王者を感じさせる俊敏な動き! なのですが…、残念なことにビアー氏のSub1がこの0.887秒という記録を叩き出した瞬間を叩き出した時、ギネス認定員が同席していなかったのです。

よって、ギネス記録として登録されず、今のところ世界新記録を更新したのは、ジェイ・フラット氏とポール・ローズさんの0.9秒。この記録もスゴイんですけど、なんかスッキリしません。それに、ギネスに認定されなかったとしてもSub1が0.887という世界最速で6面完成させたというのは事実ですからビアー氏に拍手したいですね。

source: YouTube via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(junjun)