ウォーズもいいけどトレックもね! エンタープライズ号型のドローンが完成

160217_startrekdrone_1.jpg

今までなかったのが不思議かも。

去年末から巷の話題をかっさらっている「スター・ウォーズ」ですが、我々人類が誇るべきもう1つのSFの金字塔「スタートレック」を忘れてもらっちゃ困ります。今年は、第1作の開始からちょうど50年の節目ですよ。

そんなスタートレックでおなじみの宇宙船、エンタープライズ号がなんとドローンになって登場しました。

160217_startrekdrone_2.jpg

独特の円盤の形からエンジン部分は、まさにエンタープライズ号そのもの。さらには光のエフェクト、10個のサウンドまでついているそうです。

160217_startrekdrone_3.jpg

一般的なドローンではむき出しになっていることもあるプロペラ部分ですが、円形部分に収めたことにより、奇しくも安全性がアップ。これなら家の中でお子様が遊ぶにも安心ですよね。

160217_startrekdrone_4.jpg

「NCC-1701-A」という型番が刻印されたコントローラーも、マニア心をくすぐるこちら。発売は年末の予定で、価格は120ドル(約1万4千円)とのことです。宇宙空間は移動できませんが、あの音と一緒なら、リビングからキッチンでも立派な「ワープ」になりそうです。

source: Spin Master

Andrew Liszewski - Gizmodo TOYLAND[原文

(渡邊徹則)