意味はないけどなんか良い。この科学実験みたいな浮遊物、一体どうなってるの?

よーく見てくださいね、このなかにはコマシャボン玉液磁気電子タバコなど...目に見えるものからそうでないものまで、さまざまなトリックが隠されていますよ。

Dustin Skye氏によってDIY的に開発された、空中浮遊しながら独特の動きをするこの装置。なんだかいつまでもぼーっと見ていられそうな気分に揺られてしまいそうですが、一体どんな仕組みが働いているか分かりますか?

空中浮揚させる装置の仕組みに用いられているのは、大きな円形のマグネットや、回転体の慣性を利用した回転儀、さらには泡をつくる液体のほか、スモークを発生させるために電子タバコのカートリッジまで使用されているのだとか。どうりで科学実験かマジックのようにモクモクしているわけです。

同じ仕組みを、別のアングルからも、どうぞ。

この物体自体に特別な使い途や深い意味があるのかといえばそうでもないみたいですが、こういうのこそ、知恵と科学が詰まったハイセンスなDIY...むしろ娯楽の極みと呼べるのかもしれませんね。

source : Twisted Sifter

Jennifer Ouellette- Sploid Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)