イギリスのブライトンに「世界一細い」タワー登場!

2016.02.25 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160219i360tower01.jpg


違う意味で怖そう!

「世界一高いタワー」とかってよく聞きますが、では、「世界一細いタワー」はどうでしょう? 今回、イギリスのブライトンに建設された世界一細いタワー、British Airways i360 tower。あなたは登ってみたいですか?

最近完成したばかりのこちらのタワーはブライトンの海を一望できる場所に建っていて、高さ531フィート(約162m)に対し、直径はわずか13フィート(約4m)未満と極細! BBCによると、見事「世界で一番細いタワー」としてギネス認定を受けたようです。高さと幅のアスペクト比はなんと41.15対1ということですから、これはすごい…。


Standing proud on Brighton seafront

Posted by British Airways i360 on Tuesday, February 2, 2016


British Airways i360 towerは今年の夏にオープン予定で、200人まで収容可能な94トンのドーナツ型のエレベーターで極細のタワーを上り下りします。とても特徴的なデザインですが、チーフ・エンジニアのJohn Roberts氏によるとこの部分がメインの設計制約というわけではなかったようです。


Old and new proudly stand together.Taken when the pod was completed a couple of weeks ago. Thanks to our official photographer lomokev aka Kevin Meredith

Posted by British Airways i360 on Thursday, February 4, 2016


「このタワーはあるひとつのテーマに基づいてデザインされました。それは、強風の中でも安全に建っていられるということ。」と彼はBBSに語っています。イギリスの南海岸に位置するブライトンの風速はときに75mph(約120km)まで強くなります。そのため、このタワーはなんと100mph(約160km)以上の風速にも耐えられるように設計してあるそうです。


Top image by BA
source: BBC

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文
(SHIORI)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • レゴはなぜ世界で愛され続けているのか 最高のブランドを支えるイノベーション7つの真理
  • デビッド・C・ロバートソン,ビル・ブリーン|日本経済新聞出版社
・関連メディア