オメガの時計修理が、芸術に触れるように繊細で美しい

細かい部品のひとつひとつが美しい。

スマートウォッチが従来の時計の販売数を上回る日は、きっとそう遠くないでしょう。でもそれは決して、スイスの時計メーカーがいずれ消えてしまうということではありません。

スイス製の伝説的な時計は、もはや機械の名作とも言えます。そしてこの時計情報サイトHOSINKEEが撮影した動画で、234個もの部品が集まり、オメガのスピードマスターが修理されていく様子には、ため息が出るばかり。装画の中で覗ける時計の中身は、機械であるとともに芸術作品でもあります

Andrew Liszewski - Gizmodo SPLOID[原文

(SHIORI)