このボロッボロの布が世界最古の服だった

2016.02.25 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160222oldest.jpg


そんな感じには見えませんが、そうなんです。古代エジプトの墓地に埋めてあったこのボロい布切れが世界最古の服なんです。

タルカン・ドレスと呼ばれるこの服は、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンによって正式に5,100年から5,500年前のものだと鑑定されました。時代で言うと、古代エジプト第一王朝期の頃かそれ以前になります。

タルカン・ドレスはもともとカイロの南の古代エジプトの墓地で1912年に発見されました。発見当時、考古学者は特にこのドレスのことを気にかけていなくて「リネン布の山」として処理。そして1977年に再発見された際にヴィクトリア&アルバート博物館に保管するため送られました。科学者たちは、この布は古いものだという認識はあったそうですが、正確な古さはわからずに議論されていました。しかし、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのAlice StevensonさんとMichael W. Deeさんがおこなった放射性炭素分析によって、ついにいつの時代のものだったのか判ったのです。


160222oldest2.jpg非常に腐りやすい織物がこのように残っていることは考古学的記録において、大変な例外です。しかも完璧な状態、もしくはほぼ完璧な状態で残っていればなおさらです。」と新発表されたジャーナルで研究者たちが言及しています。実際、このタルカン・ドレスによって、この時代のファッションの流行を垣間見ることができます。

この服、シャツみたいに見えますよね。でも実はもともとは床まで届く長い服だった可能性があるんだそうです。袖はちゃんと仕立ててあって、Vネック、そして細いプリーツまで付いていますね。あと、この服はちゃんと着用された跡が残っていて、飾りなどではなく実用されていたみたいです。「どんな時に着られていたかは不明ですが、おそらく質のいいものだと思われます。」と研究者は述べています。

他の古代の服といえば、中央アジアから発掘された紀元前2000年後半くらいのズボンがあったり、デンマークからは初期青銅器時代のスカートが見つかっています。「しかし、このタルカン・ドレスは羽織ったり、巻いたりするだけの服ではなく、裁断され、仕立てられているという複雑な織物である上に、現存する最古の衣服になります。」と著者は最後に述べています。5000年以上前の服なのに、やっぱりそんなに今の服と形は変わらないんですね。


[Antiquity via National Geographic]


George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(リョウコ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • インターステラー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/3枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
・関連メディア