光に反応して、音を奏でるインスタレーション

2016.02.27 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


光が奏でる音色とは?

デザイナーや建築家、音楽家やエンジニアなど、異なる者同士が影響し合えば、面白いアイデアが生まれるもの。ニューヨークのデザイン事務所HUSHは、そういったコラボレーションの工程とユニークな産物をインスタレーションで表現しました。



Lenses光と音を使ったオーディオ・ビジュアルなインスタレーション。プリズムの向きを変えたり動かしたりすると、光がほかのプリズムに当たります。その光の動きをソフトウェアが感知し、リアルタイムでアンビエントな音へと変換していくという仕組みです。


160226lenses2.jpg


物理的な動作とデジタルとの融合で、誰もが光から音を生み出す作曲家になれますよ。


image by Design Milk
source: Design Milk

(たもり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アートの入り口 美しいもの、世界の歩き方[アメリカ編]
  • 河内タカ|太田出版
  • めくるめく現代アート イラストで楽しむ世界の作家とキーワード
  • 筧菜奈子|フィルムアート社
・関連メディア