CGじゃリアルなSF映画は作れない。シンギュラリティ映画「オートマタ」はSFだからこそリアルにこだわる

A_01171-s_R.jpg

ガベ・イバニェス監督の本作に対するこだわりとは…。

背景だって動物だってCGが当たり前の今どきの映画。人工知能技術進化の行く末を描いた、シンギュラリティ映画オートマタ」ともなれば、登場してくるロボット=オートマタは当然フルCG、かと思いきや…。

次世代のリドリー・スコット”とヨーロッパ屈指のビジュアル派と評されるガベ・イバニェス監督は、SF作品だからこそリアルさを追い求めたと、本作に対する思いを明かしました。

オートマタ:メイキング写真(メイン)_R.jpg

実際の撮影現場

ご覧のとおり、人形師がロボットの人工知能に。監督曰く、「ロボットはCGじゃなく本物を使うことにした。それを人形師が動かしてる。これが一番いい方法だった。SFでもリアルな作品にしたくてね。僕らが求めてたのは俳優と並んで映る本物のロボットだ」と、こだわりを見せています。

我々の生活に人工知能が深く関わりつつある今、人類と人工知能との「共存」と「未来」を問う近未来リアルスリラー「オートマタ」は、3月5日(土)より新宿ピカデリーほか全国公開。

source: オートマタ (C)2013 AUTOMATA PRODCUTIONS,INC. 配給:松竹

(ロバーツ町田)