ギザのピラミッドに8分で登り詰め、景色を堪能。その後警察に捕まる

18歳のドイツ人観光客Andrej Ciesielskiさんは普段なかなかお目にかかれない光景を自分の目で見たかったよう。ギザの大ピラミッドに登って頂上からエジプトを一望しちゃいました。でもほんとは登っちゃいけない場所なため、下に降りてきたところを警察に捕まってしまいました

Ciesielskiさんのブログには、上まで登るのには8分しかかからなかったが、下に降りるのには20分かかったと記されています。

複合ビルのところをぶらぶらして、大ピラミッドを登り始めるのにぴったりのタイミングを待ってたんだ。登りだしたら屋台の人が僕の後ろに立ってたけどそれも気に留めず、振り返ったら彼が笑ってて、僕は登りつづけた。

半分登ったところでみんなが僕に気づいて上を見てた。それで警察が僕を見つけたんだ。彼らはたぶんアラビア語で何かを叫んでたけど気にせずに音楽を聴きながら登って行った。

大ピラミッドは一般公開されていますが、登るのは禁止されています。動画をご覧になればその理由もわかるはず。登るには荒く危険な構造ですし、多くの人が登れば劣化していくでしょう。それでもこの動画のおかげで、いつもは遠くから眺めるしかない大ピラミッドの、頂上からの光景を誰もが見られるようになったのは興味深いです。

Ciesielskiさんは、地上に降りてきた際にエジプト警察によって捕らえ、尋問されたのちに開放されたとのことです。

source: Discovery News, Andrejcie

Andrew Liptak - Gizmodo US[原文

(abcxyz)