アダプタ遊びには微妙だけど、大型センサーは期待できる?シグマ初のミラーレス「sd Quattro」

160224_sdquattro.jpg

この瞬間を切望していた人は多いはず。

CP+を直前に控え、同社が開発・製造する唯一無二の積層センサー「Foveon」が搭載されたミラーレス一眼「sd Quattro/sd Quattro H」が発表されました。

このsd Quattroは、同社の開発する最新のdp Quattroシリーズと同様の「Foveon X3 Quattroセンサー」を搭載したミラーレス一眼で、実質的には一眼レフ機SD1 Merrillの後継という形になります。

このsd Quattroの注目すべき点は大きく2つ。1つはシグマ初のミラーレス機ということ。もう1つはAPS-Cより大きいAPS-Hサイズのセンサーを搭載したsd Quattro Hを同時発表したことです。

160224_sdquattro2.jpg

ミラーレスだけどアダプタ遊びは難しい

Foveonは唯一無二の独特なセンサー。このFoveonが使いたいがために、他マウントから乗り換える人もいるほど魅力的なものです。このFoveonがミラーレス機に搭載されると聞いて、既存機材をアダプタ経由で使えるかも!と思った人も少なくないはず。

でも、残念なことにそうはいかないっぽいんです...。普通ミラーレス機ではフランジバックを短く設計できるため、アダプタを経由して既存レンズを使うことができます。

しかし、このsd Quattroの場合、マウントは一眼レフ機と同じSAマウントで、フランジバックが結構長いんです。するとそれよりも長いフランジバックを持ったマウントのレンズしかつかないので、既存機材やオールドレンズなどを付ける場合には結構レンズを選ぶことになりそう。

もちろん、素晴らしいレンズが揃う純正を使えばいい話ではありますが、せっかくなら色々遊びたいと思っていたユーザーにとってはちょっとした足かせになりそうです。ちなみに、どうしてもオールドレンズで遊びたいという方には、DPシリーズのMマウント改造もありますよ。

160224_sdquattro3.jpg

APS-Hの登場でフルサイズも期待できる?

いままでシグマは、大型サイズのセンサーに関するの質問にひたすらノーコメントを貫いてきました。同社のレンズを検品する機材にはフルサイズのFoveonセンサーが搭載されていることからも、「いつかはフルサイズのFoveonが...」と噂はされ続けていたものの、今までその姿をみることはなく、シグマはフルサイズを作る気はない?とさえ思われていました。

ところが今回、フルサイズではないまでもAPS-HというAPS-Cより大型のセンサーを搭載した「sd Quattro H」を発表しました。これによりシグマは大型センサーを作る気はあるということが明らかになったわけです。技術や価格との兼ね合いはありつつも、いつかはフルサイズという希望をもてる発表でもあったというわけなんですね。

そんなsd Quattro、発売日・価格が未定というのは気になるところではありますが、これは今から楽しみでなりません。CP+にモックでもいいから展示してくれないかなぁ。

source: sd Quattro

(小山和之)