タッチタイピングでも雨だれ式でも、速度には関係ないみたい

自己流タイプ術を開発してきた方、自信を持っていいようです。

かつてタイピストたちはタッチタイピングを習得し、10本の指をまんべんなく使うように訓練されていたものでした。コンピュータでのタイピングが主流になった今や、タイピング方法は自己流という人も多く見られます。でもやっぱり効率化のためにタッチタイピングを身に付けなきゃ…と思っている人もいるかもしれませんが、その必要はないかもしれません。新たな研究によると、タッチタイピングができてもできなくても、タイプが速い人は速いし、遅い人は遅いらしいのです。

たしかに我が家のティーンエージャーの息子を見てると、自分がかつて練習したタッチタイピングとは何だったのかと思わされます。デジタルネイティブな彼は指をホームポジションに整列させたりせず、人差し指だけでタイプしていきます。でも彼にとってはそれで全然問題ないんです。彼の人差し指は、キーボード上を素早くしかも正確に飛び回ります

フィンランドのアールト大学のAnna Feitさんらによる新たな研究も、この実感と一致するものです。彼らによると、タイピングするときに大事なのは指を何本使うかではなく、どう使うかなのです。論文共著者のFeitさんはプレスリリースで述べています。

タイピングコースを受けた人も、自己流のタイピングで平均6本の指しか使わない人も、平均スピードと正確性において同程度だったことには驚かされました。使う指の本数はタイピング速度に影響しません。片手につき1本か2本の指しか使わなくても、高速のタイピングが可能です。

Feitさんのチームは、年代やタイピングスキルの異なる被験者30人を集め、彼らのタイピングを光学式モーションキャプチャシステムで記録しました。被験者の手と指合計52カ所に反射マーカーを付け、それをハイスピード赤外線カメラ12台でトラッキングしたのです。これによって、被験者のタイピングのスタイルとスピード、正確さを記録。また彼らは、指とキーの対応マップを作ることで指の使い方の傾向を可視化しました。

タッチタイピングでも雨だれ式でも、速度には関係ないみたい 1

タイプが高速な人同士の比較。上が我流の人、下がタッチタイピングの人

タッチタイピングでも雨だれ式でも、速度には関係ないみたい 2

タイプが遅い人同士の比較。上が我流の人、下がタッチタイピングの人

分析によると、ほとんどの人は左手と右手で違う使い方をしています。左手は定位置に置きながら右手が左右に動き回るというスタイルの人もいれば、その逆の人もいます。30人のタイピングスタイルを右手・左手に分けて傾向別に分類したところ、右手は6グループ、左手は4グループに分けることができました。たとえば右手では、人差し指派、中指派、人差し指中心の2本指派、人差し指・中指の2本指派、タッチタイピングのアレンジ派、タッチタイピング派という感じです。

タッチタイピングでも雨だれ式でも、速度には関係ないみたい 3

ほかにも、シフトキーの代わりにCaps Lockを使うとか、スペースキーは両親指で押すとか、個人個人で変わったくせがあることも確認できました。

そして興味深いのは、それぞれのタイピングスタイルごとにスピードが速い人も遅い人もいたことです。つまり、スピードにはタイピングスタイル以外の要素が影響していると考えられます。たとえばタイプが速い人は手をあちこち動かさず、1カ所に置いていたり、同じキーを押すときはほぼ必ず同じ指を使っていたりという規則性が見られました。またタイピングに慣れていない人は、慣れている人に比べてスクリーンを見ずに指を見ている時間が2倍ほど長く、複雑な編集タスクの処理能力に影響を与えていました。

Feitさんたちいわく、私たち個々のタイピング手法とは、それぞれがコンピューターでしているタスクを反映したものであることが多いのだとか。「タッチタイピングは、タイプライターで文章を打つために開発されたものです」とFeitさん。「それは、Photoshopのショートカットとかゲームの操作といった、片手をマウスに置いた状態での作業には向いていません

この研究結果は、ソフトウェアやキーボードにおけるユーザーインターフェースの改善に役立つはずです。コンピューター上でのタスクが多様化している今、キーボードのインターフェースもそれに合わせて変化すべきときなのかもしれません。

images by Aalto University

source: Proceedings of the ACM Conference on Human Factors in Computing Systems

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(miho)