まだまだ増え続けるXPユーザー! Windows 10普及を遅らせる要因にも…

2016.02.03 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150924_neokylin_.jpg


Windows 10ありしもXPは死せず!

皆さんのパソコンのOSには、なにがインストールされていますか? 昨年はWindows 10が新たにリリースされました。これまでとは違い、Windows 7や8.1からは無償でアップグレードできるとあって、きっといまはかなりWindows 10ユーザーが増えているはず……。

そう考えたいところですが、このほどNet Applicationsが発表した、今年1月時点での世界のOSシェアレポートによれば、いまだに世界でWindows 10を使っているユーザーは、全体の11.85%にすぎません。正式リリースから半年が経過しても、9割近いパソコンユーザーは、Windows 10へのアップグレードを完了していないということを意味していますよ。

現在でも、世界で非常に多くのユーザーが使い続けているのは、Windows 7。過半数となる52.47%のユーザーは、Windows 7から、たとえ無償でもWindows 10へとアップグレードしていません。Windows 10発売前の昨年6月には、全体の6割を超えるユーザーがWindows 7を使っていましたから、徐々にシェアを落としてはいるものの、まだまだWindows 7人気は今年も続いていきそうです。

とはいえ、今回のOSシェアレポートで注目すべきなのは、2016年に入っても、Windows XPユーザー増加していること! すでに2014年4月には正式サポートが打ち切られ、それから2年近くが経過しようというのに、Windows XPユーザーのシェアは、前月比で0.49ポイント上昇して11.42%にまで伸びています。Windows 10ユーザーとほぼ同じ数のユーザーが、Windows XPを現時点でも使っているのは驚きでしょうかね。

このほどマイクロソフトは、Windows 7および8.1ユーザーに対して、Windows 10へのアップグレードを「推奨される更新プログラム」に昇格させました。きっと今年は、グングンとWindows 10の利用者が増えていき、Windows 7ユーザーのシェアは半分に満たなくなるまで減っていくことでしょう。ただし、Windows XP無料アップグレードの対象外ですから、簡単にはシェアを落とさず、今後もまだ増えていったりして?

なお、Windowsは、全体としてもシェアを落としてきており、90.61%にまで下がりました。代わって順調にシェアを拡大しているのはMacユーザーです。アップグレードスピードでは、Windows 10もOS Xに勝てないというデータまであり、マイクロソフトにとっては悩みの種でもあるのかもしれませんね~。


source: VentureBeat

(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア