現代の10代がWindows 95を触ってみると…

160311kidsreacttowin95.jpg

電源いれるところから、すでに盛り上がるティーンエイジャー。

かつては当たり前だったものが、現代ではネタになります。10代の子どもたちに、過去のガジェットをあれこれ触らせてみるシリーズを公開するYouTubeアカウント、Fine Brothers Entertainmentから新ネタです。今回はWindows 95をキッズが体験。

現代のパソコンと比べてかなり大きかった当時のパソコン。まずはパソコン自体を見てのリアクションは…。

「Oh My God…」

「フロッピーディスクってのいれるやつでしょ?」

「これ、初めて作られたコンピューター?」

さて、電源をいれます。ボタンを押すというのはさすがにすぐできますが、モニターとコンピューターの2つのボタンを押すというのは予想外。起動に時間がかかるのに苦笑い。WIndows 95と表示されると、存在は知っている子も。

「聞いたことある。ジョークとしてだけど」

「95って、もしかして1995年のことなの?」

デスクトップ画面を見て現代のOSとの違いを質問してみると。

「今のと基本変わらないんだけど、なんていうか洗練されてない感じ」

「ラフな感じがする」

「ベーシックなやつだけで、いろいろはいってなくない?」

並ぶアプリケーションのアイコンでわかるのは、IEとゴミ箱くらい。さてネットに繋ごうとすると…。当時はWi-Fiがなかったことを知ります。

「…Wi-Fiなくてどーすんの?!」

「どっかいってWi-Fiないってわかったら、もう最悪最低なのに」

「あ、わかった。ダイアルアップってやつでしょ!」

AOLを使ってネットに繋ぎますが、ここでも起動の遅さに驚くキッズ。そして、DOSの存在を知りびっくり仰天キッズ。さらに、ソフトをいれるのに何十枚ものフロッピーディスクを使うことに、頭爆発するキッズ。

「iPadでアプリあれこれ切り替えるのに、コードいれなくちゃいけないんなら、使う人いないでしょ」

「たぶん、もうコンピューター使ってないと思う」

電源を落とすところまで、終止驚きっぱなしのキッズでした。20年後には、このキッズがこっち側にいると思うと楽しみですね。

source: YouTube - Fine Brothers Entertainment

(そうこ)