実写版「攻殻機動隊」の荒巻課長役にビートたけし出演でTwitterユーザから驚嘆の声

実写版「攻殻機動隊」の荒巻課長役にビートたけし出演でTwitterユーザから驚嘆の声 1

ホログラムで会議するかなぁ

来年公開予定のハリウッド版「攻殻機動隊」に、ビートたけしが公安9課の荒巻大輔課長役で出演すると、日本の複数メディアが報じていますよ!

1995年公開の押井守監督「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」で世界を席巻してから20年が過ぎた今でもその熱は治まるどころか加熱する一方。長年ハリウッドで噂されてきた実写版を「アベンジャーズ」シリーズのスカーレット・ヨハンソンを主人公の草薙素子役に、「スノーホワイト」のルパート・サンダーズを監督に据えて製作するということで話が進んでいます。どんな映画になるのか、気になり続けていたところに今回のビートたけし参戦のニュース! 「公安9課」はどうなっちゃうの?

なお、ツイッターはこのニュースに歓喜する人が多発中。当惑する人も多発していますけれど、「たけし軍団か?」「公安アウトレイジの誕生!」「髪型はどうなるんだ…」など、すでに荒牧課長の話題で盛り上がっています。

劇場公開予定は2017年3月です。「イノセンス」のホログラム会議もなんとか実現してほしいなあ。

アニメ版「Ghost In The Shell」の舞台になった未来都市のネタ元の街をまとめた写真コレクションもこちらからどうぞ。

source: オリコンスタイルシネマトゥデイ

(塚本直樹)