年間30億円稼ぐカニエ・ウェスト。2万円のシンセサイザーを違法ダウンロード?

年間30億円稼ぐカニエ・ウェスト。2万円のシンセサイザーを違法ダウンロード? 1

ITリテラシーが高いのか低いのかよくわからないカニエさん。

押しも押されぬヒップホップ界のスーパースター、カニエ・ウェスト。音楽だけではなく、IT業界への進出にも積極的で、日本のファンからは親しみを込めて「カニエさん」とも呼ばれています。

そのカニエさん、自身もオーナーを務めるTidalの普及を推進していることでもお馴染みです。Tidalとは、音楽を定額制で聴き放題になるサービスで、米国版Spotifyともいえるもの。CD不況が囁かれる昨今、音楽界の次のビジネスモデルとして注目を集めています。

しかしその彼が何気なく投稿したツイッターの投稿が、思わぬ炎上を見せています。

こちらは何気なくYouTubeの画面を撮影したツイートだったのですが、開かれている他のタブをよく見てみると「Pirate Bay」の文字。Pirate Bayとは、P2Pでファイルを共有する、いわば違法ダウンロードサイトです。

しかしこれだけでは、判断は難しいでしょう。特につい最近、新譜がPirate Bayに流出してしまったカニエさんとしては、それをチェックしていただけという可能性もあります。

しかし、その横には「Xfer Records Serum t…」というタブが。「Serum」とは、「Xfer Records」というメーカーが販売しているシンセサイザーソフト。この2つのタブを総合して判断すると、どう考えてもSerumをPirate Bayでダウンロードしようとしているように見えてしまいます…。

それにしても、毎年数十億円を稼ぎだすカニエさんともあろう方が、わずか189ドル(約2万1千円)のソフトを違法ダウンロードしなくても…。単なる誤解だといいのですが。

source: Twitter via CNET

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)