80~90'sのストリートを彩ったNSR250Rのパーツが再生産

1600313-1991_NSR250R_SE-R.jpg

Photo by Y Sekiai

しかも、ホンダ自ら

ホンダのモーターサイクルの名車といえばカブ...とCBとCBXとVT。そしてレーサーレプリカNSR250Rを忘れてはいけません。車検のない250cc枠だったこともあり、モデルチェンジを繰り返しながら1986年から1999年まで生産された人気モデルです。

環境問題から存在意義を疑われるようになり、現在ストリートモデル用としてはロストテクノロジーな存在になりつつある2ストロークエンジン搭載車のNSR250R。ガッチガチのフレームにエンジンをマウントしていることもあり、現代のモーターサイクルにはない圧倒的な加速力は快感そのもの。程度のいい車両は当時の新車価格を超えるプライスで取り引きされることもあるんですよ。

車でいうならホンダ・S2000やロータス・エリーゼのようなライトウェイトスポーツ。そんなNSR250Rの一部のパーツが追加再生産されると、オートバイ用品専門店2りんかんブログが伝えています。

問題があったのでしょう。現在在庫数のリスト画像は削除されていますが、そこにはヘッドの文字も、シリンダーの文字も書かれていました。破損率の高いミラーも一気に再生産したようです。

80's、90'sのバイクをフルオリジナルなまま維持するのが難しい現代。実際にNSR250Rのパーツは、ヤフオクでとんでもない相場を形成することがあるんです。NSRにハマっている&これからNSRにハマりたい方は再度品不足になる前にパーツを押さえたほうがいいかもしれませんよ。

なおホンダの新春ビジネスミーティングにおいて、旧車部品の再生産を積極的に行っていくという発言があったとのお話も。NSR250Rの次は、どんな車種のパーツが潤沢になるのでしょうか。

source: オートバイ用品専門店2りんかんブログ

(武者良太)