8KビデオカメラRED Weapon 8Kが捉える。ダマスカスの剣に挑戦する鍛冶師(動画あり)

4Kの次は8K...。

YouTubeも4Kに対応し、4K対応テレビもたくさん店に並ぶようになりました。しかし映像最先端で働く人たちは次の世代の”高画質”を常に狙っているわけです。4Kの次は...6K?いやいや、もう8Kに手を付けているようです。

カメラマンのPhil Hollandさんは、まだ一般ユーザーは手に入らない8KビデオカメラRED Weapon 8Kを使ってカメラテストをする機会を得たようです。こちらがその8Kビデオを使って撮られたビデオ。YouTubeは4Kまでしか対応していないのでまぁ我々が見られるのは4K版なわけですが...。

しかし映画「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー2」はRED Weapon 8Kで撮影されることが発表されていますグルートが大スクリーンで8Kで大暴れするのが観られるということですね、楽しみです。

Philさんが撮影したこちらの動画、内容も面白い物になっています。カメラに捉えたのは鍛冶師がダマスカス鋼の剣を作る工程。ダマスカス鋼とは19世紀に製造が途絶えてしまった、古代インドで開発されたという鋼の名称。シリアのダマスカスで刀剣を造るのに広く使われたためダマスカス鋼と呼ばれ、その模様と強さで知られています。

現在は製造技術が失われてしまったのですが、現存している刀剣の鋼からカーボンナノチューブ構造を発見したりと、近年もテクノロジーを使って研究されている面白い工芸品なんです。

私達が目にする市販のナイフなどでダマスカス鋼と名がついているのはダマスカス鋼とよく似た縞模様を作り出したものなんですね。そんなダマスカス鋼の美しさを持った剣を作り出す工程、どうぞご覧下さい。4Kにするのを忘れないで下さいね。

やっぱり工芸品って高画質と相性が良いというか...職人芸って細部に魂が宿っているというか。細かい鋼のクズや、刃の重みがしっかりと伝わってきますね。8Kの画質、大スクリーンで見るのが楽しみです。

source: FORGED - shot on RED Weapon 8K via YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(塚本 紺)