古いなんて言わないで。8年落ちのMacBookを愛用する真性マカー、魂の叫び

160323_8yearsmacbook_1.jpg

先日行なわれた、好例のアップル発表会。今回は、iPhone SE9.7インチiPad Proがメインとなりましたね。

見ていた方はご存知かと思いますが、その中でアップルの副社長であるフィリップ・シラー氏が「世界には、5年以上前のPCがまだ6億台以上ある」、「これは悲しい(sad)現実だ」という話をしていました。

これは、古いPCをiPadに置き換えたい、という話の流れだったのですが、この発言にちょっと落ち込んだのが、米GizmodoのAdam Clark Estes記者。彼は5年どころか8年落ちのMacBookを愛用し続ける、いわゆる真性マカーなのです。

聞いてあげてください、彼のMacBookへの深い愛を…。マカーのみなさんなら思わずうなずいてしまうかもしれません。

***

フィル(=フィリップ氏の愛称)、君は言ったね。「5年前のPCを使っているなんて悲しいことだ」って。フィル、そんなこと言わないで欲しい。僕は、君が作った8年前のMacBookをまだ使ってるんだから。

どうだい、遠目にはとても8年モノには見えないだろう? しかし近よってみると、やっぱりヘコミや傷が目立つんだ。

160323_8yearsmacbook_2.jpg

ディスプレイもちゃんと閉まらない。でも仕方ないだろう? 8年間、肌身離さず使ってきたんだ。

160323_8yearsmacbook_3.jpg

これが開いたところ。さぁ、どうなっているか見せてあげよう。

160323_8yearsmacbook_4.jpg

残念なことに、ある日僕はコイツを地面に落としてしまった。その日を境に、動作は遅くなってしまったんだ。でも修理に出すお金はなかったよ。もちろん、新品を買うなんてもってのほか。

だから僕はコイツを改造することにした。メモリとHDDを入れ替えたら、なんてこった。まるで新品のように蘇ったじゃないか。僕がコイツをますます好きになったことは言うまでもない。

僕とコイツの物語はまだまだあるよ。ある日、ちょっとイライラしていた時に、ディスプレイを乱暴に開いてしまったことがあった。ご覧のとおり、見事に欠けてしまったんだ。

160323_8yearsmacbook_5.jpg

そんなことで僕はコイツを諦めやしない。それならと、ディスプレイのガラスを自分で交換してみたんだ。その結果がこれさ。相棒はまるでサイボークのような顔になってしまった。完全な失敗だよ。

160323_8yearsmacbook_6.jpg

8年使ったMacBookじゃ使い物にならないって? まぁ、半分当たり。バッテリーの持ちは19分だ。しかし半分はハズレさ。この記事だってこのMacBookで書いたし、RAWで撮影した写真を編集したのもコイツの仕事だよ。

MacBookは素晴らしい製品だ。しかし僕が不満なのは、壊れたら新しい物を買えとでも言わんばかりに、彼らの製品が、年を追う毎に、ユーザが自ら修理するのを困難にさせていること。僕のように、1つの筐体を直しながら長く使いたい人もいるのに。

フィルにとって5年前のPCは「悲しい」のかもしれないけど、僕にとってこのMacBookは特別だし、これが動かなくなった時こそが、本当に「悲しい」瞬間なんだ。

160323_8yearsmacbook_7.jpg

愚痴を言ってごめんなさい。少なくとも僕は、このMacBookを愛しているし、まだまだ付き合っていくつもりだよ。

フィル、君たちの製品は最高だ。だからこそ、僕達をからかったり笑ったりするのはやめて欲しいと願うよ。

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)