ドナルド・トランプの発言を自動生成するツイッターボットが本物っぽくて怖い

160315deepdrumpf.jpg

ドナルド・トランプの発言がいかに単純か...

共和党の大統領候補ドナルド・トランプ。その過激な発言間抜けな行動から話題に事欠きません。

しかし彼を熱烈に支持する投票者層もいることは確か。トランプ支持者の言動の過激さも連日ニュースを賑わせています。

シンプルながらも力強いフレーズで話をするトランプ節はあらゆるバラエティー番組でパロディをされ、なんとジョニー・デップまで物真似をしています。(特殊メイクでジョニーデップの面影はないですが...)

そんなトランプさんの発言を自動生成するツイッターボットを作ったのが MITコンピュータ科学・人工知能研究所の博士研究員であるBradley Hayesさん。ドナルド・トランプは小学3年生レベルの発言しかできないわけだしコンピューターに真似できないわけがないと思ったわけですね。

俺はアメリカを愛している。彼らにも勝つ。オハイオは美しい、俺は買うぞ。ありがとう。ヒラリーも買うだろう、なぜなら彼女も美しいからだ。

力強い...でも中身も無い...これ本人?

とかなり本物の雰囲気をつかんでいるということで話題になってます。アルゴリズムはディベート数時間分と彼のこれまでの勝利のスピーチを元に作られたとのこと。最初の単語をランダムに選び、その後を1番彼が言いそうなことで続け、140文字に達したら止まる、とシンプルな作りになっています。

いま、俺たちは中国に1.3兆ドルの貸しがあることを考えるべきだ。日本にはそれ以上の貸しがある。俺たちは銃を持っている。さあ、俺たちの金を取り戻すぞ。

と、色んな場面でネタにされているトランプ氏ですが、スーパー・チューズデーでは圧勝しているわけで。笑ってる場合じゃないよ...と人々はカナダ移住を考えているわけですね。

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)