ハイパーループ、スロバキア政府とも合意に達し欧州の3首都をつなぐ計画が始動

ハイパーループ、スロバキア政府とも合意に達し欧州の3首都をつなぐ計画が始動 1

音速で通勤!!

理論上は時速1200kmまで出せるハイパーループ、どんどんと本格化してきています。今主要なプレイヤーとしては元々アイディアを提唱したイーロン・マスク氏のSpace X、ラスベガスで試験トラックを建設中のハイパーループ・テクノロジーズ(HT)、そしてカリフォルニアで試験トラックを建設中のハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)の三社があります。

そのうち、ハイパーループ・テクノロジーズは今年初めに駅構内のイメージなども公開し話題になりました

そして今度はハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズが、スロバキア政府とハイパーループ建設の合意に達したとニュースになっています。

ハイパーループ、ヨーロッパにも進出ですね。

この計画はオーストリアの首都ウィーン、スロバキアの首都ブラチスラヴァ、ハンガリーの首都ブダペストの3つの首都を結ぶもの。最長の区間となるブラチスラヴァとブダペスト間でも約200キロほどと、アメリカで提案されているサンフランシスコ・ロサンゼルス間よりも半分以下の距離となっています。

完成するとブラチスラヴァとウィーンが8分で、ブラチスラヴァとブダペストは10分で移動ができるようになるそうです。

ただハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズはカリフォルニアでまだプロトタイプを開発しているところ。このプロトタイプの稼働が2018年の予定ですから実際にヨーロッパでハイパーループが動くのはそのさらに先の話になります。

ハイパーループ、初めて聞いた時は現実味がなかったのですが、少しずつ本格化してきていますね。

Image by Suprastudio

source: Engadget

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)