どういうこと? UbuntuがWindows 10で動くよ

どういうこと? UbuntuがWindows 10で動くよ 1

もしや新時代の幕開け?

Linuxって、一般のユーザーにとっては地味なOSのように感じます。マイクロソフトのWindowsやアップルのOS Xと違って、無料で使えるセキュアなOSとして注目を集めた時代もありましたけど、結局は主流になることができませんでした。ただ、優れた開発者も豊富に存在し、メインマシンとしては使わなくても、デュアルブートでLinuxを使えるようにしたいというユーザーは少なくないようですね…。

ところが、このほどマイクロソフトは、開催中のカンファレンス「Build 2016」におきまして、Canonicalが開発する「Ubuntu Linux」のコマンドシェルとなる「Bash」が、そのまま「Windows 10」上で動作するようになることを明らかにしましたよ! これまでも「Cygwin」や「MSYS」といったユーティリティプログラムを使えば、Bashのコマンド・ライン・インターフェース(CLI)をWindowsで走らせることは可能でした。しかしながら、今回のマイクロソフトによるサポートは、BashがネイティブでWindowsから使えるようになることを意味していますよ。

実はWindows 10の大型アップデートとなる「Redstone」ビルドには、新たに「Linuxサブシステム」が組み込まれています。これを利用して、バーチャルマシン(VM)すら使わず、Bashのネイティブ動作が実現するようですね。今夏に提供が予定されるWindows 10の正式アップデートから標準装備される新機能になるんだとか。

今回のWindows 10でのLinuxサポート拡大により、いきなりWindows上に「Unity」「GNOME」「KDE」といったLinuxのデスクトップ環境が現われるというわけではないかもしれません。とにかくWindowsの裾野を広げようとラブコールを送るマイクロソフトに対して、どちらかというと、Canonicalは、WindowsにLinuxが組み込まれてしまわないように一定の距離を置こうとしているようにも思えます。とはいえ、優秀なLinuxの開発者たちが、手軽にWindowsからでもUbuntuのプログラムを書ける環境が整うことにはなるでしょうね。

マイクロソフトの希望に反して、なかなか移行のスピードアップが進まないとの厳しい現状も伝えられるWindows 10。しかしながら、Bashのネイティブサポートによって、優れたコマンドラインツールがWindows上でも使えるようになり、開発者からWindowsに取り込んでいこうとするアプローチは、歓迎される動きとなっていくやもしれません。そのうちエンドユーザーにとっても、Windowsで楽しくLinuxを使えるシーンが広がっていくことに期待してみたいところでしょうか〜。

source: ZDNet

(湯木進悟)