ティム・クック、FBIによる情報開示請求について言及(追記あり)

160322-0027.jpg

改めて立場をはっきりさせています。

アップルのティム・クックCEOは、新製品発表イベントでプライバシー問題について発表をした際に、FBIから要求されたiPhoneのバックドアの作成を拒否したことについて、改めてコメントをしました。

政府が国民のデータやプライバシーに対してどれほどの力を持っているべきか、わたしたちは国家としての決定をする必要があります。政府と対立することは望んでいませんが、私たちには顧客の安全とプライバシーを保護する義務があると強く考えています。

今回FBIが要求していることは、サンバーナーディーノ銃乱射事件の容疑者が使用していたiPhone 5cのロックを解除すること。それはiPhoneに侵入するためのマルウェアを、アップル自身に作らせることと変わりません。この前例を作ることが危険だと判断したアップルは、FBIの要求を拒否し続けています。この問題についての公聴会は、3月22日(現地時間)の午後にもカリフォルニア州地方裁判所で開催される予定でしたが、FBIからの要請で4月5日に延長されることになりました。

(3/22 14:10追記)

3月22日に予定されていた公聴会は、3月21日深夜(現地時間)の発表により4月5日に延期されました。

source: The Verge

(高橋ミレイ)