アップルの車は2021年発売、価格は7万5000ドル前後? アナリストが予想

2016.03.16 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160316_applecar2021.jpg


貯金、まだ間に合う!か?

アップルが「Titan」というコードネームで電気自動車を開発していることは「公然の秘密」といわれています。しかしながら、今年1月には自動車部門責任者のSteve Zadesky氏が退社するという報道があり、プロジェクトの先行きが不安視されていました。

それでもアップルの戦略予想に定評のある金融アナリストのGene Munster氏が「Apple Car Fans」で語ったところによれば、Zadesky氏の退社はさほどの痛手ではなさそうです。Munster氏によれば、アップルの最大の課題は成長を続けることであって、そのため同社にとって有望な新収益源となりうる自動車の開発は今まで通り継続しているはずなのです。

ただMunster氏も、アップルの車が世に出ると手放しで信じているわけではないようです。彼いわく、プロジェクトが生きている可能性は50%以上で、ポジティブではあるものの80%、90%ではありません。より高い可能性を考えない理由について、同氏は「我々は(アップル製)テレビの予測では間違っていたし、裏で話を聞いていても結局プロジェクトがなかったという経験の教訓を得ているので」としています。

またスケジュール的にも、我々は近々アップル車に乗れるわけではなさそうです。Munster氏の予測では、アップル車の発表は2019-20年、発売は「もしかしたら2021年」にまでずれ込みそうです。

実際アップル車が世に出るとしたら、それは車市場におけるiPhoneのような存在になりそうです。Munster氏の見方では、アップルはiPhoneと同じようにアップル車のデザインをコントロールするものの製造は他社にアウトソースすることになりそうです。また商品ラインは数年間1商品に絞り込まれ、価格はハイエンドに設定するとも予想されています。Munster氏はアップル車の価格を「7万5000ドル(約850万円)前後」になるだろうとしています。

発売は2019年、というもありましたが、2021年ならあと5年あります。850万円を5年で貯めるには、それでも年間170万円か…。


source: APPLE CAR FANS

(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア