キャンディーvsドロドロに溶けた銅。勝敗は意外な結果に!

ただでは勝たせてくれないようです。

ドロドロに溶けた、もしくは何物も寄せ付けないほどアツアツに熱せられた金属といえば、今やインターネット動画の中でも人気のジャンルになりつつあります。しかもどれも期待を裏切らない仕上がり!

1ポンド(約450g)のキャンディーvs溶けた銅。この対決、あなたはドロドロ金属に勝ってほしい派ですか? それとも嫌いな野球チームや死、お巡りさん同様こてんぱんに負ければいいと思いますか? 勝敗は、めったにないことですがキャンディーは全く穴を開ける気配もありませんでした。しかし、そう簡単に勝たせてはもらえなかったみたいです。

最初は、ドロドロの銅はキャンディーの表面を流れるばかりで穴を開ける気配すら見られませんでしたが、その後、銅の熱によってキャンディーに火がついたのです。3分間ほど熱によって泡立ち、最終的に炎が上がるキャンディー。銅は、キャンディーにひと泡吹かせた証として、ドーナツ型の砂糖混じりの銅と、半分溶けた対戦相手を残していきました…。さて、残った半溶キャンディーはどうしましょうか。安いし、おいしい、そして何より衝撃的な、世にも珍しい炎を纏ったスイーツのできあがりです。

Bryan Menegus - Gizmodo SPLOID[原文

(SHIORI)