マイクロソフト、中国政府向けのWindows 10を開発

160328_msmadewin10forchina.jpg

Windows 10中国政府エディション。

マイクロソフトの直近の一大プロジェクトといえば、世界中のWindows搭載PCを「Windows 10」にアップグレードすること。その成果は確実に上がっていますが、さらに確実のものにするために、狙いを定めたのが中国である。

中国のニュースサイトCaixinが報じた所によると、マイクロソフトは中国政府向けに独自のOSを開発、提供したとのこと。その名も「Windows 10 スペシャル・プロバイデッド・エディション」。

開発にあたり、マイクロソフトは中国のセキュリティ系企業、CETCと協業。通常のWindows 10からゲームなどコンシューマ向けの機能やアプリを取り除き、管理者権限やセキュリティ面をより強化したのだとか。

ここ数年、アメリカなどに対する中国からのサイバー攻撃は勢いを増しています。しかもこれは政府が主導しているともいわれ、アメリカ政府が正式に中国政府を訴えようとする動きも出ています。

このような対中国の緊張感が高まる中、米国企業であるマイクロソフトがソフトウェアを提供することは、さまざまな意見がありそうです。しかし、中国に蔓延するWindowsの海賊版被害だけでも、とてつもない金額に及びます。マイクロソフトとしては、正式なWindows 10普及のためにも、まずは中国政府に利用させ、そのきっかけとしたいものと考えられます。

source: Caixin via TechInAsia

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)