Chromeを脅かす存在となるか?マイクロソフトのEdge、タブ固定と拡張機能を導入へ

2016.03.23 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160319edgethebrowser.jpg

マイクロソフトの新しいブラウザ、EdgeがIEに引導を渡す形でウィンドウズのデフォルト・ブラウザになってからしばらく経ちますね。みなさん使ってますか?

うん、普通にChrome使ってますよね。

もうマイクロソフトのブラウザが覇権を握ることなんて一生無いのかなぁ...なんて皆さんの心の中の少年(IE5ユーザー)も諦めてたと思うんです。

でも今回ベータ版のEdgeにタブ固定拡張機能が追加されたということで、ちょっとEdgeの未来も明るくなってきたように思います。ベータ版はWindows Insiderプログラムで手に入れることができるようです。

Chromeでは標準装備となっているタブ固定。実は意外に使っていない人も多いようなんですが、個人的にはブラウザの最重要機能の一つ。特に仕事でたくさんのウェブページを同時に開かないといけない人は、タブがたくさん並んでしまってどれがどれだか分からなかったり、間違って消してしまったりしますよね。そんな時に自分がよく使うメールやfacebookのタブを右クリック→タブを固定するをクリックすると小さくなってブラウザの左端に固定されます。

Edgeを使うつもりがない人も、Chromeでも試して見てください。不思議と自分の頭の中も整理された気分になりますよ。

それに加えてブラウザ拡張機能が追加されたのも嬉しい知らせです。広告をブロックするAdblockやパスワードを一元管理するLastPassといった拡張機能が使えるだけでブラウザの使い勝手って全く違ってきますよね。ちなみにAdblockとLastPassは両方Edgeで利用可能になるそうです。

Chromeなど他のブラウザで既に出ている拡張機能をEdgeにも対応させるのはそれほど難しくないと思います。これで一気にEdgeが便利になっていきそうですね。



今Edgeを使っている人の中にはあまりコンピューターに強くなく、最初からEdgeになってたからそのまま使っているという人も多いのではないでしょうか。そういう人こそ広告ブロックがさらに役に立つことを考えると、大歓迎なアップデートですね。通常版にも導入されるのが待ち遠しいです。


source: Microsoft via AnandTech

Chris Mills - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア