地球温暖化を3分の1に抑えてるある意外なモノ

2016.03.26 09:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160324globalwarming.jpg


「どんな暗雲にも輝く裏がある」と英語のことわざで言いますが、真っ黒な有害物質で太陽光が宇宙にビシバシ弾き返されてる「おかげ」で、われわれ地球人にとっては温暖化の程度がだいぶ抑えられてることがわかりました。その有害物質というのは…

硫酸塩エアロゾル。中国から飛来するPM2.5騒動で有名になった、あの微粒子どもですよ。

欧州ではこれによる大気汚染を一生懸命減らしたら、その「せい」で北極温暖化が加速してるっていうです。

エアロゾルの温暖化抑制効果は実は前から言われていたことで、ずっと前に「雲に硫酸塩を撒き散らして地球を冷やそうぜ!」というジオエンジニアリング(気象操作、地球工学)の話が持ち上がったときにマスコミで盛んに採り上げられて、ついには撒き散らし過ぎて世界がカチンコチンの氷に閉ざされる未来を描いた韓米仏合作ポストアポカリプス映画「スノーピアサー」なんてのまでできました。「スノーピアサー」怖いですよね…こどものサイズ測るところとか…。

…とまあ、ジオエンジニアリングにはどうしてもそういう危ないイメージがつきまといがちなのですが、地球の歴史を振り返ると、なるほど確かに、火山から放出される大量の硫酸塩が日射を遮断して地球が冷え冷えになった事例はあるんです。ただそれがどの程度かはわからなかった。それが今回、イエール大学のTrude Storelvmo地球物理学准教授らの調べで明らかになったのです。

チームが「Nature Geoscience」 に発表した最新論文によれば、そのマジックナンバーは約30%

世界1,300カ所で大気中の炭素濃度、気温、表面放射を調べ、1964年から2010年までの温室効果ガスによる気温上昇とエアロゾル排出による気温抑制を統計学的手法で分けてみた結果、エアロゾル粒子(主に硫酸塩)が過去半世紀の陸地部の気温上昇を一時的に約30%抑えていたことが判明したのであります。

それだけじゃありません。大気中の炭素濃度が産業革命前の基準の2倍になると、気温上昇2℃の危険レベルに達するんですが、それは今世紀中に起こる、と論文では予想してますよ。いやあ…。

二酸化硫黄は石炭・石油の火力発電所、内燃エンジンから出るもので、大気中で小さなエアロゾル粒子の硫酸塩に分解します。大気汚染が激しいエリアは上空がこれですっぽり覆われているため、太陽光も通りません。

「そうか、日除けになるんだね!」って喜ぶのはまだ早くて、硫酸塩粒子が大気中に増えると人間にはロクなことがないんです。酸性雨の原因にもなるし、それで木が死んで、土壌が死んで、ひいては海・川・湖沼の生態系も破壊されます。'60年代から'70年代に酸性雨が相当ヤバイことがわかって規制が始まり、以来、西側諸国では二酸化硫黄(SO2)の排出は徐々に減ってはいます。

ところがそっちを抑えればこっちが…で、同誌に同時公開された付則の論文では、欧州で過去30年間に二酸化硫黄の排出が削減された結果、北極温暖化が0.5℃プラスされたことも科学モデルで示されているのです。「硫酸塩の排出を削減すると空気が温まり、その上昇エネルギーが(欧州から)北極に伝播するんですよ」と、この論文には関わっていないマックス・プランク気象研究所のThorsten Mauritsen研究員も語っています。空気が澄んだと思ったら、太陽が差し込んで、地球温暖化が加速――皮肉な話ですよね。

ちなみに成層圏にエアロゾル散布して太陽入射光を減らすにしても、その冷却効果は短期的なので注意が必要です。エアロゾル粒子が大気中に漂っていられるのはせいぜい数日、長くて数週間ってなものなので、撒き散らすのをやめれば、すぐまた元の木阿弥なのです。

逆に、燃焼で出る二酸化炭素の方はいったん空中に撒き散らされると、何百年も溜まったまんまで、その影響は1万年続くとも言われています。世界的な気候学研究の権威トーマス・ストッカー教授らが2月に発表した最新論文では、排出量「高め」のシナリオで未来を予想した場合、2030年までにCO2排出ゼロを実現しても地球気温は既に7℃上昇しており、そこから1℃減るのは1万年以上先の西暦12,300年になることがわかっています。数日や数週間しのいだところで全然間に合わない、もっと長続きするソリューションを考えないと。

31世紀NYが舞台の米国アニメ「フューチュラマ」で、公転軌道を太陽からちょびっと離して地球温暖化を一挙解決!っていうのがあるんですけど、あんな風に解決できたらなあ…ま、がんばりましょう。


image: Camilla Cannarsa/Flickr
source: Nature Geoscience

Maddie Stone - Gizmodo US[原文
(satomi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 気候変動とエネルギー問題 - CO2温暖化論争を超えて (中公新書)
  • 深井 有|中央公論新社
  • 正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために
  • 赤祖父 俊一|誠文堂新光社
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア