アップルがFBIへ最後の一言「この訴訟は起こされるべきじゃなかった」

アップルがFBIへ最後の一言「この訴訟は起こされるべきじゃなかった」 1

でも勝ち名乗りってわけでもなく。

FBIがアップルに対しiPhoneのロック解除を求めていた事件で、FBIが第三者の協力を得てiPhoneのロック解除に成功、アップルへの要請を取り下げました。対立はこれで(一応)収束ですが、アップルは最後に一言物申したかったみたいです。

FBIがアップルへの要請取り下げを発表した後、アップルは3月28日夕方にこんな声明を出しました。

我々は当初から、アップルにiPhoneのバックドアを作らせようとするFBIの要求に反対していました。それは、そうすることが間違いであり、危険な前例になると考えたからでした。政府が要請を取り下げた結果、間違いも起こらず、前例も作らずに済みました。この訴訟は決して起こされるべきではなかったのです。

我々は今まで通り、法執行機関による捜査への協力を続けます。また我々のデータに対する脅威や攻撃がより頻繁になり、より洗練されつつある今、我々の製品のセキュリティをさらに高め続けます。

アップルは、アメリカ国民も世界の人々も、データ保護やセキュリティ、プライバシーを持つ権利があると強く考えています。これらのうちどれかを他の何かのために犠牲にすることは、人も国をもより大きな危険にさらすだけです。

この事件は我々の人権と集団安全保障、プライバシーに関する国家的議論に値する問題を提起しました。アップルは引き続き、この議論に参加したいと考えています。

ケンカ相手のFBIが要求を取り下げたことでアップルの勝ち、のように見えますが、実際そんなにめでたい感じではありません。たしかにサン・バーナーディーノの件への対応は不要になったのですが、同じようなケースはすでに他の裁判所でも起きています。

それに米国議会では、同様の問題が起きた場合にアップルなどの企業に対し端末のアンロックを強制できるような法案準備中なんです。社会の安全とプライバシーの折り合いをどう付ければいいのか、まだ議論が必要そうです。

source: Twitter

Chris Mills-Gizmodo US[原文

(miho)