Gmailの受信トレイをドラッグ&ドロップで簡単整理

160310gmailsetting.jpg

Gmailのデフォルト受信トレイをお使いであれば、メイン、ソーシャル、プロモーションなどのタブがメール上部に見えているはずです。「間違ったタブにメールが入ってるけど設定が面倒そう」なんてお思いの方、実はドラッグ&ドロップで簡単に自動フィルタリング設定ができるんですよ。

そのタブ内にあるべきでないメールを見つけたら、それがあるべきタブまでドラッグ&ドロップしましょう。そうすると、「スレッドを "*移動先タブ名*" に移動しました。今後(*送信元メールアドレス*)からのメールにこのように対応しますか?」というメッセージが表示されます。「はい」を選択すれば、Gmailが隠れたフィルタ(「設定」の「フィルタとブロック中のアドレス」にも表示されない)を設定し、将来そのメールアドレスからくるメールを処理してくれるようになります。たった数秒ドラッグ&ドロップするだけで、Gmailが自動でメッセージを振り分けてくれるわけです。

それ以外にも簡単にGmailの設定を変更できるところがあります。例えば、メッセージが重要かそうでないか。これはメール送信者名の左側に表示されている黄色い旗のような「重要マーク」で示されます。過去にメールがどう扱われたかなどを元にGmailが自動で設定してくれるマークですが、これも「重要マーク」が表示される部分をクリックすることで手動で簡単にオン・オフすることができます。そんな設定どこにもないぞという方は、ギア型の設定アイコンをクリックして、ドロップダウンメニューから「設定」を選択、「受信トレイ」タブ内の設定をご確認ください。

David Nield - Gizmodo FIELD GUIDE[原文

(abcxyz)