「自動運転車の実現には全く新しい規制の枠組みが必要」Googleが米議会にお願い

「自動運転車の実現には全く新しい規制の枠組みが必要」Googleが米議会にお願い 1

テクノロジーが進化するにはルールも進化しなければいけない、と。

日々進化する自動運転車テクノロジーですが、このまま一般道で実用化しようとしても色んな規制にひっかかってしまうことは明らかです。では自動運転者をさらに現実化するためには、その実現を念頭において規制を作る必要があるんですね。

そこでGoogleは米議会に対して自動運転車の全く新しいルールを準備する必要がある、とお願いしたようです。ロイターGoogle Xの自動運転車ディレクターであるChris Urmson氏によって事前に準備された声明をレポートしています。以下はその一部です。

私たちは、人命を救うことのできる安全性に関するイノベーションを承認するための新しい権限を運輸省長官に与えるよう、議会が迅速に行動に移すことを提言したいと思います。この新しい権限とは、現存する連邦の安全性のスタンダートを満たした、もしくは超えた革新的な安全性テクノロジーの実施を許可するもので、同時に迅速かつ透明なプロセスを確実にするものです。

革新的な安全性に関するテクノロジー」という言い方をしていますが、これが自動運転車のことを指しているわけですね。自動運転って楽だし映画とか見られるかもしれないし、いいなーなんて思ってしまいがちですが、実はたくさんの人命を救う可能性があるテクノロジーなんですよね。

自動運転車には人間が運転する車についているものでいらないものもあるわけです。例えば、バックミラーとか。Urmson氏は過去にもハンドルのついていない自動運転車について提唱していました。

これはカリフォルニア州で新しく提案されている規制に対するGoogleの働きかけだと推測されています。提案されているこの新しい交通規制が実現してしまうとGoogleの自動運転車は必ずハンドルがついていないといけなくなります。また運転のできる人間のドライバーが車内にいないといけない、など自動運転車で革新的に車社会を変えようとしているGoogleにとっては厄介な規制なんですね。

自動運転車がどれくらい安全になるかまだまだ想像のできていない我々一般人からするとまともな規制のように思えますが、開発している側からすると「ハンドル必須? ナンセンス!」てな感じなんでしょうか。

しかしそう考えると、もしも本当に完全にパーフェクトに安全なのだとしたら、自動運転車につけなくても良い車のパーツっていっぱいありますよね...というか車の形してる必要ってあるのかな?とまで考えてしまいます。

高速道路交通安全事業団はコンピューターを"運転手"とみなすとGoogleに伝えたのがこの2月のこと。この判断1つをとっても政府は自動運転車の実現に向けて協力的なように考えられます。

米議会での聴聞は3月15日に行なわれました。アメリカにおける自動運転車のルール、どうなっていくか見守っていきたいと思います。

image by Randy Miramontez / Shutterstock.com

source: Reuters

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)