HDドラマも1秒でダウンロード…1テラビット超の速度で光ファイバー通信が実現

160302tbps.jpg

これぞ真のブロードバンド!

昔に比べると、家庭やオフィスのネット速度は格段に速くなりましたよね。でも、まだまだ光ファイバーのブロードバンドは高速化するみたいですよ〜。

このほど英国ロンドン大学のUniversity College London(UCL)の研究者チームは、光回線でのインターネット速度向上に取り組んできた最新のテスト成果を発表。毎秒ギガビットクラス(Gbps)のスピードが出れば、いまは非常に高速なほうですけど、なんと初の毎秒テラビットクラス(Tbps)となる1.125Tbpsのスピードを、シングルチャンネルで実現したことが明らかにされました。

シングルチャンネルでは、現在は商用で100Gbpsデータ伝送速度を実現する光ファイバー通信が利用可能になっている。だが、我々が研究所で最新機器を用いて設計しているのは、次世代のコアネットワークおよびコミュニケーションシステムであり、1Tbpsを超える速度でのデータ伝送を達成する。

UCLのOptical Networks Groupにおいて、同研究チームを率いるRobert Maher博士は、こんなふうに研究成果の説明を行なっています。もっとわかりやすい解説も加えられており、このスピードだと、テレビドラマシリーズの「Game of Thrones」をHD動画で全作ダウンロードするのに1秒もかからないんだとか。現在の英国内の平均的なインターネット速度は、いまだに毎秒メガビットクラス(Mbps)の24Mbpsが一般的だそうです。でも、これが約5万倍に速度アップしたのが1Tbpsとなるみたいですね…。

ちなみに、シングルチャンネルでの達成とされてはいるものの、実際には15チャンネルをシングルチャンネルにまとめた、いわゆる「スーパーチャンネル方式」が採用されていることも明かされています。各チャンネルの波長は256QAMフォーマットによって最適化されてから結び合わされ、スーパーチャンネルとして総合的に1Tbpsの突破にいたったとのことですよ。同研究チームによれば、この方式によるブロードバンドの高速化が、これから主流になっていくと考えられているようです。

なお、今回の1.125Tbpsというスピードは、理論値ではなく、実際にデジタル信号の送受信に成功した計測結果ではあるものの、トランスミッターとレシーバーをダイレクトにリンクさせて達成されました。中間に長い光ファイバーケーブルを通せば通すほど、スピードダウンは避けられないことでしょう。とはいえ、同研究チームは、今後も研究を重ね、本当に1Tbpsを超える光ファイバー通信の実用化を目指しています。そのうち家庭でもテラビットクラスのブロードバンドを普通に利用できるような時代がやってくるのかもしれませんよね。

image by Payless Images / Shutterstock

source: PhysOrg

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)