iPhone SEハンズオン、一度は手放したから分かる4インチの魅力

iPhone SEハンズオン、一度は手放したから分かる4インチの魅力 1

いよいよ明日3月31からiPhone SEの発売が始まります。iPhone 5sと変わらないと断言する人もいましたが、実際に手に取ってみると思った以上にiPhone 5sっぽい! パッと見だと、どちらだか分かりません。並べてみると間違い探しみたいですけれど、区別がつきますでしょうか?

iPhone SEハンズオン、一度は手放したから分かる4インチの魅力 2

裏返してみると、こんな感じ。

iPhone SEハンズオン、一度は手放したから分かる4インチの魅力 3

ゴールドの色の濃い右側がiPhone SEです。裏側には「SE」の刻印があるので見分けがつきますね。あと、塗装の仕上げが少し違います。iPhone SEの公式な商品説明には「ビーズを吹き付けてサテンのような仕上げを持たせた」とありますが、手に取ると前よりもマットな手触りです。iPhone 5sだとキラキラ輝いていたエッジもボディと同じようにマットな仕上がりになっています。個人的には、こちらの方が落ち着いた高級感があって好きです。

iPhone SEハンズオン、一度は手放したから分かる4インチの魅力 4

それと、ちょっと分かりにくいんですが、裏側のアップルロゴ。今までは表面処理の違いだけでロゴを表示していましたが、今回はステンレス製のパーツが埋め込まれています。手で触ってみると微かな段差が分かりますよ。

指が画面の端まで届くよ!

iPhone SEハンズオン、一度は手放したから分かる4インチの魅力 5

手が小さい人にとって(そして片手でスマホを使いたい人にとって)、iPhone 6以降は受難の時代だったんじゃないでしょうか? でも、それも終わりです。4インチのiPhone SEは私の手にもすっぽり収まりますが、片手でも自在にアプリを操作できます。本当に、こういうのが出るのを待っていたんです。一昨年にiPhone 5sからiPhone 6に変えて以来、端にあるアプリアイコンをタップできそうでできないのがストレスで、買い換えたことを何度も後悔しましたから。あと服のポケットにすっぽり収まるのも便利です。

もうひとつ嬉しいのは、マットな塗装がほんの少しの滑り止めになっていること。ほんの僅かなザラつきが手に持った時の安定性を支えてくれるんです。iPhone 6を使っていた時は、あのツルツルボディのために何度iPhoneを落としそうになったか分かりません。

懐かしい外観、最新のスペック

処理速度はiPhone 6sとほぼ同じです。プロセッサは64bitのA9チップでiPhone 5sと比べると2倍の処理能力を持っています。モーションプロセッサM9を搭載したグラフィック性能は3倍の速度。特にハイエンドなスマホゲームをプレイした時は、そのサクサク具合に差が歴然と見えます。LTEも50%向上して150Mbpsで通信可能。Wi-Fiは3倍速度になったので、433Mbpsで通信できます。

カメラ機能も大幅にバージョンアップ。画素数は1200万画素でピント合わせが素早くできるフォーカスピクセルに対応しています。静止画の撮影をする時に音声付きのショートムービーが撮れるLive Photos(ライブフォト)に対応しているのと、ビデオが4Kで撮れるのもiPhone 5sとの大きな違いですね。カメラ機能については、後ほど別記事でレビューします。

さらに、バッテリーが長持ちするのも嬉しい進化です。iPhone 5sと比べると約2時間持つようですから。こちらも後日テストしてみたいと思います。

iPhone 6 Plusに慣れた人にとっては使いにくい!?

iPhone SEハンズオン、一度は手放したから分かる4インチの魅力 6

iPhone 6 Plusを使っている人にとっては、iPhone SEのコンパクトさに面食らう場合もあるようです。筆者があれこれいじっている所にやってきた同僚は、ふだんiPhone 6 Plusを両手で使っています。彼女がiPhone SEを試したところ、右手だけで操作が事足りてしまうので左手が手持ちぶさたになってしまうことに戸惑いを感じているようでした。

あと、マンガをiPhoneで読むとき、細かくコマ割りされた作品だと画面の小ささがネックになるとも言っていました。これは私もiPhone 5sを使っていた時に不便だと感じていたのでよく分かります。テキストベースの電子書籍なら、それほど不自由はしませんが、マンガや雑誌などビジュアルで楽しむコンテンツは少し苦しいかもしれません。

結局のところ買うべき?

特に女性で、満員電車での通勤中に片手でスマホを使いたい人や、できるだけスマホはコンパクトに持ちたい人にとっては、これだけ高スペックで手軽なiPhone SEは「買い」なのではないでしょうか。あと私の場合、片手で高速フリック入力してノートを取ることが多いので、手の中にスッポリ収まるiPhone SEの安定感は重要です。ですが、両手でスマホを使うことに慣れている人や、大画面にこだわる人にとっては物足りなく、次のiPhone 7を待つことになりそうです。

iPhone SEが女性やガジェットをコンパクトに収めたい人を新規のアップルユーザーにしたいという意図で発売されたのは確かです。価格の安さもポイントです。少なくとも8万円近くするApple Watch‎よりは効果的に女性層を呼び込めるように思います。ですが、本当にそれだけなんでしょうか?

ここのところ、iPhoneのユーザー数は世界的に伸び悩んでいます。そしてiPhone6以降は機能がハイスペックになる一方で、万人にとって使いやすいとは限らないサイズ感になっていたことも事実だと思います(もちろん大きなスマホを好む人もたくさんいますが)。そういう意味で、iPhone 5sはスマホのスタンダードを作ったアップルによる、iPhoneの完成系のひとつでした。

iPhone SEはスタンダードへ立ち戻りながらハイエンドな機能を融合させた機種です。変化はささやかで、アップルが守りに入っているように見えるかもしれませんが、大きく目に見える挑戦をした機種とは異なる価値を持つはずです。多分、私はこの機種を長く使うことになるでしょう。

source: アップル

(高橋ミレイ)