通勤電車でうるさい乗客の電波妨害をライフワークにしていた男性捕まる

通勤電車でうるさい乗客の電波妨害をライフワークにしていた男性捕まる 1

電車の車内でずっと大声でしゃべってる人とか、携帯メール打ちながら歩いて人にぶつかってる人とかは、「圏外にしてやりたい!」って思うことありますよね。

まさにそれをライフワークにしていたシカゴ市内の男性が警察に現行犯逮捕されました。朝の通勤電車でせっせと携帯電話ジャマーで電波を妨害していた模様です。

捕まったのはイリノイ大学附属病院財務アナリストの公認会計士Dennis Nichollさん(63)。現場はシカゴ市街を通るレッドラインで、Nichollさんが毎朝通勤で使ってる路線です。ここでは2014年ごろから携帯電話がつながらなくなる被害が頻発していました。

ずっと原因不明だったのですが、「車内で誰かが電話に出ると、5本アンテナの黒い装置を取り出してスイッチ入れて電波妨害してる不審者がいる」という通報が数カ月前に警察に入って写真も提供されたため、市警がオンラインに写真を公開し、シカゴ交通局、連邦通信委員会(FCC)と合同捜査を進めていました。

すると果たして今月8日、写真によく似た男性がレッドラインの電車に乗っていくではないですか。駅から私服の刑事が尾行して隣に座り、試しに携帯を取り出して電話をかけてみたところ、あっという間に電波は消えて圏外に…。その場で現行犯逮捕と相成りました。

Nichollさんは翌日法廷に出頭。ジェームズ・ブラウン判事(実名です)は、誰に頼まれたわけでもないのに自分で携帯マナーの悪い人間を取り締まっていたNichollさんを「携帯警察官」と呼び、いちおうその趣旨には理解を示したように見えましたが、「違法な公共電波妨害」の重刑で実刑判決を言い渡しました。保釈金は1万ドル(約114万円)

Nichollさんは2009年にも同様の電波妨害で捕まっているんですが、そのときは軽犯で機器を没収・破壊されただけで済みました。許可なしでやるのは違法なのは知っていたのだけど、まさかこんなに重い罪になるとは思っていなかったようで、かなりショックを受けている、と弁護人は話していますよ。

同じ病院で働く同僚の金融プランナーは、「人を傷つけたりとか絶対しないタイプ」と驚きを隠せない様子。なんでも職場では、周りがうるさくしても怒ることもないのだとか。きっと電車は別だったんでしょね…。

公共交通機関の電波妨害の逮捕はアメリカでは今回が初めてです。

一般道では朝晩の通勤途中、携帯やりながら運転するアブない人間があまりにも多いことに腹を立てたジャマーポリスがやはり、後部座席に電波妨害機器を積んで妨害をライフワークにしているのが見つかって500万円近くの罰金を科せられた事例があります。そのときはジャマーが発する電波があまりにも強力だったため、尋問で車を停車させた保安官の無線も通じなくなりました

image: Daniel Schwen/Wikipedia + Chicago Police photo of Dennis Nicholl

source: DNAinfo , Chicago Tribune and Chicago Sun-Times

Bryan Lufkin - Gizmodo US[原文

(satomi)