Macを早くするための4つの王道TIPS

2016.03.27 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20160317_mac01.jpg


Macbookを使えば次第に遅くなる。それは、人類誰もが平等で、避けられない事象です。
使い込めば使い込むほど、インストールされたソフトウェアは増え、ハードディスクの中には不要なファイルが溜まり、ついに「起動ディスクが一杯です」と言われるあの絶望感。あの頃サクサクだったMacはどこに行っちゃったの?

そこで、今すぐできるMacを早くするための王道TIPSを4つご紹介しましょう。
どれかひとつを試すだけでも効果は抜群だと思います。


1, 自動で起動するアプリケーションを見なおそう


20160317_mac02.jpg


Macの起動時に余計なアプリケーションまで起動させて、立ち上がりが遅くさせているばかりか、常に余計なシステムリソースを食わせていませんか?自動で起動するアプリケーションは簡単に変更することができます。

「システム環境設定」から「ユーザとグループ」を選択し、「ログインオプション」を選びましょう。そこから「ログイン項目」の画面で、これは起動しなくて良いというアプリケーションを選択し、マイナスボタン(選択された項目を削除)から起動時アプリケーションを設定することができます。

不要なものはとにかく削除

20160317_mac03.jpg


不要なファイルが溜まれば溜まるほど、体脂肪が増えるかのごとく、Macはどんどん重く、遅くなっていきます。写真や動画のデータ、インストールしたアプリケーション、ブラウザに追加したアドオン…キロバイトからギガバイトのものまで、全てはハードディスクに蓄積されていきます。
時には不要なファイルを削除してダイエットしてあげないといけません。

要らないデータをせっせと削除するのも大事ですし、FirefoxやChrome等のブラウザのエクステンションは意外にもメモリを食う存在なので、使わないものは削除しましょう。設定画面から簡単に削除できます。不要なアプリケーションも、ゴミ箱めがけてポイッとするだけでアンインストールできます。


「お掃除ツール」をインストールするのもアリ


20160317_mac04.jpg


「自分の手」でお掃除するより、ツールを使って一気に掃除をした方が効率的でラクらんな時もありますね。
Mac界のお掃除グッズの中でもCleanMyMac (40ドル)は、1クリックでウィザードが立ち上がり、使っていない不要なファイル(例えば言語ファイルパックとか)を削除、またスケジューラーを設定して自動的に定期的にお掃除してくれます。

AppZapper (12.95ドル)は、OS Xには無い、プログラムアンインストーラーの役割を果たしてくれます。削除するアプリケーションに関するファイルまで検索し一緒に削除ですっきり。
Disk Doctor(2.99ドル)は、ハードドライブから、不要そうなファイルをカテゴライズしてファイルサイズも示してくれ、そして削除までできます。


4,ソフトウェアは常に最新に、もしくは再インストールを


20160317_mac05.jpg


いつでもMacを快適に保ちたいなら、ソフトウェアアップデートを無視することなかれ。(Macを立ち上げてさあ、仕事するぞ!ということきに限ってソフトウェアアップデートの通知が来るものだからついつい無視してしまいがちなんだけど。バグが解決され、セキュリティホールの問題が改善され、ユーザーエクスペリエンスが最適化(時にそうでない場合もあるけれど)されます。

最終兵器は全てを捨てて、OSを再インストールすること。
バックアップはちゃんと取っておくのは当然、全てをまっさらにして、改めて必要なアプリケーションを選別して、新しい環境を再構築するのも楽しい作業です。

そうすればまた昔サクサクだった頃のMacに会えるでしょう。


David Nield - Gizmodo FIELD GUIDE[原文
(mayumine)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア