MITがブラウザの表示を34%高速化するJavaScriptフレームワークを開発

20160317_mit.jpg

インターネットはどんどん速くなっていくのに、ウェブサイトはどんどん複雑になっていきます。いまだに私たちは、PCやスマートフォンの画面を見つめながらウェブページが表示されるのを待っています。そんな「ウェブページの待ち時間」を短くする技術が登場。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが、ページ表示速度を最大34%も高速化するフレームワークを開発しました。

ウェブブラウザは、URLを入力してエンターボタンを押したり、リンクをクリックした瞬間、HTMLファイル、JavaScript、動画、広告…その他諸々のオブジェクトを異なるサーバーからせっせとかき集めます。1つ1つのオブジェクトは評価され、表示させるページに追加されていきます。さらに1つ1つのオブジェクトには依存する他のオブジェクトがさらにあり、そのオブジェクトにはさらに依存するオブジェクトが...と入れ子のようにたくさんのオブジェクトが入っているために、ページのロードには時間がかかるのです。

そこでMITが新しく開発した「Polaris」は、ブラウザーからのHTTP要求に応じたHTMLページと、あらかじめ生成しておいたページ構成要素の依存ツリーを記す「Scout」と呼ばれる情報を添付し、さらにJavaScript製のスケジューラーモジュールを返すという仕組みです。

旅行に例えると、ひとつの都市を訪れてみたところ、他にも訪れたい都市があることに気づくことがあります。限られた時間の中で、訪れるべき都市のリストを事前に手にいれられるなら、より効率的に都市を回る計画をつくることができます。リストがなければ、気の向くままあっちこっちに行き来することになり、結果非効率的なルートになってしまいます。ウェブブラウザも同じで、読み込む全てのページのオブジェクトは、訪れるべき都市と例えられます。Polarisは、その旅が始まる前に、効率的に行くべき都市の情報をリストとして与えるのです。

研究チームは、ESPNや、Weather.comやWikipediaなど、200以上の異なるウェブサイトでテストを行ない、通常のブラウザより、平均34%のページの読み込みの高速化を実現しました。

しかもPolarisはJavaScriptで書かれているので、どのウェブサイトにも導入が可能ということです。MITは今後、このフレームワークをオープンソース化することを考えていて、Chromeなどメジャーなブラウザーへの組み込み話が来るなら、それも「大歓迎」とのこと!

なんと素晴らしい…。今すぐにでも普及して欲しいですね。

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文
(mayumine)