貧乏ゆすりをエネルギーに変えるイス

貧乏ゆすりはやめなさいと言われましたけれど、このイスならば大歓迎。

電力自由化により、どこから電気を買うのか選べるようになります。同時に電気を作ることに多くの人が興味を持っています。そんな中、小さな電力に目をむければ、ほらこんな発電も。お家で発電、貧乏ゆすり印の電気です。

貧乏ゆすりをエネルギーに変えるイス 1

Nathalie Teugelsさん作のこのシンプルなイス「MOOV」は、座る人自身が電気を作ることができるイス。座面シートの下には、288個の圧電性結晶が搭載されており、ここに座ってもぞもぞゆらゆらしたり、貧乏ゆすりで刺激を与えることで電気ができるという仕掛けになっています。ありがたいことに、サイドにある青いバーは肘掛けではなく充電プラグ。ここにケーブルをさせば、すぐさまお手持ちのスマートフォンを充電することができます。

今はまだ試作段階なので、スマートフォンをフル充電するのに、どれだけモゾモゾ貧乏揺すりすればいいのかなど、詳細はまだ公開されていません。そこ重要ですね。3時間もモゾつくなら、もう家帰りますし。

公共の場でもぞもぞするのはちょっと恥ずかしいけれど、バス停や駅のイスがこれならば、イザという時はありがたい話です。

source: Nathalie Teugels via PSFK

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)