夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する

Juicy Studiosとプロ・バイカーのMike Hopkinsさんが制作したこちらのビデオ、自転車好きでなくても楽しめる感動の記録になっています。

山奥の小屋でひとり眠る男性のモノローグからビデオは始まります。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 1

私にはよく見る夢がある。

まだ行ったこともない場所に私の思考がふらっと行ってしまう夢。

道がいつまでも途切れることのない、そんな世界。

山脈が色彩で語りかけてくる、そんな世界へ。

そして私の自転車は、私の古い友人なのだ。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 2

そして世界の絶景をマウンテンバイクで走り抜ける、男性の夢が始まります。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 3

映像の美しさ、景色の美しさ、自転車の疾走感が絶妙な音楽とマッチして瞑想をしているような気分になります。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 4

冒険の場所。下れば下るほど、叫び声をあげるかのように生命力を宿す世界。

選ぶ道筋は激しく、そして自由。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 5

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 6

ただ、自分と古い友だちだけ。1つ路を曲がるたびに自由と喜びがそこにある。

終わることのない、思考に静寂をもたらしてくれる冒険。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 7

時間が存在しない世界を、想像する。

1秒、1分、1時間、全てが消え去る。

自分という存在が小さくなればなるほど、より遠くへ行ける。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 8

居場所が分からない人々のための土地で、地面に轍を刻んでいく。

自分の場所が分からなくなって初めて、自分を見つけることができるから。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 9

山を背に、土を踏みしめ、下っていく。

なんて素晴らしいんだろう。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 10

夜見る夢。

それは現実に叶える夢。

私が見て、聞いて、感じることができる世界で。

今という時間、探求という作業。

夢はドアの両側にある。

人生は夢だ。乗りこなそう。

夜見る夢は、まだ叶えていない夢。世界の絶景をマウンテンバイクで体験する 11

ナレーションの詩はライダーであるMikeさん自身が書かれたものだそうで、旅をしている主人公の気分が見事に描かれています。スポンサーは自転車メーカーのダイアモンドバック。ここで紹介した景色はほんの一部なので是非ビデオをご覧下さい。

source: DreamRide via Vimeo

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(塚本 紺)