オラクルがグーグルを提訴。その額、なんと1兆円

オラクルがグーグルを提訴。その額、なんと1兆円 1

単位がいちいちすごい。

オラクルが「Androidの開発に際し、Javaを不正に利用された」と訴え、グーグルを提訴する構えを見せています。彼らが損害賠償として求めている金額は、なんと約1兆円

実はこの戦い、今に始まったことではありません。最初の裁判は6年前で、この時、オラクルの訴えは最高裁判所で棄却されました。そして今年5月、連邦地方裁判所にて差し戻し再審理が行なわれることとなったのです。

オラクルの訴えによると、グーグルはAndroidの開発に際し、37のJavaのAPIをコピーして利用。これらはオラクルが著作権を保有しており、その権利を侵害したというものです。

本裁判では、グーグルが行なったことが公正な利用、いわゆる「フェアユース」にあたるのか否かが、最大のキーポイントと考えられています。

再審の開始は5月9日を予定。難しい裁判になることが予想されますが、果たしてどのような結果となりますでしょうか。

source: Android Authority

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)