時代によってどこで戦争が起きたかを教えてくれるマップ(まだまだ全部じゃないけどね)

160229battlefieldmap.jpg

これが学生のときにあったら歴史に興味もったかもなぁ...。

人類の歴史は戦争の歴史、とよく言いますが、こちらのインタラクティブ・マップは確かに時代の流れを見せてくれます。こちらをクリックすると地図に飛ぶことができます。世界地図の上に散らばる色のついたドット。それぞれのドットはそこで争いが起きたかを示しており、色が時代を表わしています。紀元前2500年から始まり、2016年へとだんだんと濃い赤色になっていきます。

最初の画面では全部の戦争が表示されてしまっているので「おおー、戦争多いな」としか思えませんが、画面下のバーを調整することで色々と興味深いことがわかります。

バーの右の黒棒と左の黒棒を狭めると、表示される時代を限定できます。これを200年ほどの間隔にした後、バーの真ん中(手のカーソルに代わります)をクリックして左右にドラッグすると時代ごとにどこで戦争が起きていたか、その変遷が分かります。

こうやって見てみるとわかりますが、戦争が起きる地域は時代ごとにかなりまとまってるんですね...。しかもドットの上にカーソルをあわせるとその争いの簡単な説明もポップアップします。これは勉強になりますね。

こちらのインタラクティブ・マップ、WikipediaユーザーであるNodegoatさんが制作したもの。戦争に関連するWikipediaのエントリー8,049個をダウンロードしたものが基になっているそうです。しかし、戦争の中には場所が特定できないもの、時代が明らかでないものも多いため、場所と時代が特定できるたった2,657の争いだけがマッピングされているとのこと。

この地図を見る限りではヨーロッパだけが大昔から常に戦争をしていて、近代に近づくにつれてアジアやアフリカに戦争が広がったように見えます。日本に関しては一番古いものとして663年の「白村江の戦い」が表示されてはいますが、アジアやアフリカの言語によるエントリーがどれくらい英語に翻訳されているかは疑問が残ります。

複数の言語のエントリーを参照して、より完成度の高いマップが作れたら学校教育でも十分使えるのではないでしょうか。

それにしてもこうやって膨大なデータを視覚的に伝える技術にはいつも感心してしまいますね。

source: Maps Mania

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)