ドーナツでドーナツを巻いたドーナツ鮨ロール

ドーナツ鮨、それってハイブリッドスイーツ?

ん~。違うかも…。

アメリカのマイアミにあるレストラン「Nove Kitchen and Bar」のオーナーシェフHiro Teradaさんが作ったドーナツを使った鮨ロール

材料は、ダンキンドーナツのラズベリーゼリー入りドーナツ、カスタードクリーム入りドーナツ、フレンチクルーラー、チョコグレイズド・ドーナツ。つまりドーナツのみ! 

作り方はこんな感じ。

1. カスタードクリーム入りとゼリー入りドーナツを半分に切ってトッピング用にゼリーとカスタードを取り出す

2. 残りのドーナツ部分をスライスして巻きすに並べます(これが海苔と酢飯の役割を果たします)

3. チョココーティング・ドーナツやフレンチクルーラーなどお好みのドーナツを具になるように厚みのある感じでカッティング

4. 巻きすの上のドーナツの上に縦に並べていきます

5. 巻きずしを作る要領でクルクル巻いて、ギュギュギュっと形を整えます

6. 一口サイズに切り、取っておいたゼリーとカスタードクリームをトッピングすれば出来上がり

見た目は、確かに海外で独自の進化を遂げていったドラゴンロールとか、カルフォルニアロールのような巻きずし風だけど…。ドーナツ・オン・ドーナツ、つまり、形を変えたドーナツなんですけど!と突っ込みたくなりますが、ドーナツ好きなアメリカ人には、朝食、ランチ、夕食、間食、いつでも食べられていいね!と好印象の様子。

完全にお鮨じゃないけど…。ひな祭りや持ちよりパーティーでフィンガーフード風に出してみるのは、アリかもしれませんよ。

source: Youtube

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(junjun)