あなた、もっとじぶんの命を大切にしなさいよ!って注意したくなる高所動画

そんなところ、登っちゃだめですって。

観ているこちらがハラハラしてたまらない高所クライマーたちの撮影動画。ドバイにある426mの高層ビルを素手で登頂した動画に続き、今回もなかなかの問題作が話題を呼んでいます。

クレイジーというかもはや自殺行為だと意見が飛び交うのは、高さ約457.2mあるテレビ塔に登頂した、Urban Endeavorsによるこちらのユーチューブ動画。

まるでジャングルジムを登るかのように、安全ベルトなしで上へ突き進んだり、登頂付近で片手片足を宙に広げたり...さらには両足まで浮かせてぶら下がったりして、高所で危険を顧みず自由に遊ぶクライマーの様子が映し出されています。たしかに、迷いなく登る様子はかっこいいかもしれないし、高所から眺める景色が壮観だけれど、落ちたら元も子もありません

特に、テレビ塔に登頂したという今回の場合は、放射能感電などの要因から命を落とす可能性を指摘する声もあったのだとか。実際、登頂時のテレビ塔は動作停止されていた状態だったようですが、それでもやっぱり450m以上の高さを登るなんて(東京タワーですら333mだぞ)命に代えられるものじゃあないですからね。よいこはぜったいまねしちゃだめですよ!

source: Sweaty Palms

Bryan Menegus - Gizmodo SPLOID[原文

(Rina Fukazu)