フォルムが可愛い、空飛ぶタマゴ型のドローンが登場

160304PowerVision.jpg

可愛いし、なんか美しい。

タマゴ型の待機状態から、飛行形態にスイッチ1つで変形するドローン「PowerEgg」がPowervision Robot社から、2016年の夏ごろに登場予定です。

これまでにも多くの商業用のドローンを世に送り出してきたPowervision Robot社ですが、今回が初のコンシューマー向けドローンになります。そしてその形は、プロペラを収納し持ち運びをしやすくし、かつ軽量化も実現しているんです。

フォルムもギミックも芸術作品のように美しいですが、そこにはとても洗練された技術と想いが詰まっています。折りたたみができることでプロペラを大きくすることができ、初心者が触っても他のドローンよりも簡単に操縦ができるとのことです。

カメラも360度パノラマの4K HDカメラ3軸ジンバルが搭載されており、コンシューマー向けとしてはかなりのハイスペックです。また、リアルタイムによる長距離映像伝送が可能なので、直感的に操縦ができるようです。価格はまだ発表されていませんが、お手頃な値段であることを願いたいですね。

この形が進化するとディズニー映画「WALL-E」に出てくるEVEを思い出し、とても愛おしく思ってしまう私です。

source: Power Vision

(okeyuhi)