音波を"撮影”した、極彩色アート

音波を"撮影”した、極彩色アート 1

音波を視覚的にすると…。

Linden Gledhill氏は、本来ならば目に見えない音波を、水とLED蛍光灯を使うことで写真に収めているサイエンス・フォトグラファーです。

彼が撮影に使う装置はごくシンプル。まず上に向けたスピーカーに水の入った容器を置きます。そのスピーカーにはアンプがつながっており、アンプは正弦波を作るソフトが入ったコンピューターに接続されています。スピーカーから音波を出して、水面とその下に設置された丸型のLED蛍光灯をGledhill氏が真上から撮影するというわけです。

例えば、ビョークのアルバム「Biophilia」の曲に合わせた作品のようにサイマティクスを扱ったアーティストはGledhill氏以外にもいますが、サイケディックで印象的な彼の作品は格別です。下の写真以外にも、Flickrで堪能できますよ。

音波を"撮影”した、極彩色アート 2

音波を"撮影”した、極彩色アート 3

音波を"撮影”した、極彩色アート 4

音波を"撮影”した、極彩色アート 5

音波を"撮影”した、極彩色アート 6

音波を"撮影”した、極彩色アート 7

音波を"撮影”した、極彩色アート 8

音波を"撮影”した、極彩色アート 9

images by Linden Gledhill

Maddie Stone - Gizmodo SPLOID[原文

(たもり)