イケア、商品のラッピング素材として菌糸体の活用を検討中!

160306ikeaMushroomp.jpg

消費者にも、環境にも、優しいソリューションを。

割れ物をぐるぐると包装してもらうのって、なんとなく心強いものですよね。せっかく購入したものだから、家まで大切に持ち帰りたいという気持ちは誰の心にもあるはず。

けれども、ふと立ち止まって考えてみると「割れ物注意!」に用いられる素材の多くは、用が済んだら簡単に捨てられるという意味で、きわめて便利なもの。こうした利便性って、果たして環境にも配慮されているかといえば......どうなのでしょうか?

これまで包装用品にポリスチレン素材を使用していた、北欧家具販売店のイケア。このポリスチレンといえば、一般的に安価で、リサイクル可能。ところが、リサイクルを得意とする人は世界的にそう多くないのが現実...。

そこでイケアでは包装用品の見直しに際して、微生物のちからで分解できるという意味の生分解性素材の導入を目指しつつ、ポリスチレンに代替できる包装素材を探していました。

そして今回、きのこ類などで知られる菌糸体を新たな包装素材の候補として検討されています。菌糸体はオーガニックで、密集地帯で早く育つのが特徴なのだとか。さらにグッドポイントなのが、フレームの中で育てれば、あらゆる商品を包装できる形状につくれること、また必要な形状に育ったら水分が抜けて乾燥し、それ以上成長しないことから管理自体そう難しくはないのだそうです。

ちなみに菌糸体といえば、じつはイケアに限らず、デル社では数年のあいだサーバー周辺機器用にも活用しているみたいですよ。イケアが導入に成功すれば、今後、ポリスチレンに代わる持続可能な素材として様々な業界の企業が導入を検討する可能性も増えるでしょうか?

source: Telegraph

Chris Mills- Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)