メスだけで子孫を残せる生物が短命なワケ(追記あり)

2016.03.10 22:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160307selfbugs.jpg


おもしろいですね、虫の世界。

オスを必要としない、メスだけで生殖ができてしまう「単為生殖」は動物の世界において珍しいことではありません。線虫にはもともと雌雄異体での有性生殖だったものが、単体生殖に変化した種もいます。新しい研究では、単為生殖を行なう種の寿命が短いということがわかりました。そして研究者たちは短命になる理由を以下のようにあげています。

生殖する上で、オスを必要としなくなった種は複数存在します。多くは特異的なもので、例えばレイオレピス・ゴーヴァントリイというトカゲの一種は、自家受精をし遺伝子をミックスすることで、クローンではない子孫を交尾することなく残すことができます。また2012年には、4年連続で単為生殖を続けたトラフザメも確認されました。同様に、線形動物のPristionchus属には、オスとメスが交わることをやめ、単為生殖を選んだ種が複数存在します。発生生物学マックス・プランク研究所の研究者たちは、このPristionchus属に着目し、単為生殖と短寿命には関連性があることを発見しました。

まずはじめに研究者たちは、短寿命の要因とはならないある事実を発見しました。調査対象となった雌雄異体6種、雌雄同体5種、合計11種の中で、それぞれ産んだ子孫の数に違いは見られなかったというものです。つまり、単為生殖の線虫が、より多くの子孫を作っているから早く死んでしまうというわけではないということになります。

ではなぜ単為生殖の線虫は短命なのでしょうか。研究者たちは3つの理由をあげています。最初の2つはシンプルで、進化という点において成功していくには、子孫を残した後はそれ以上長く生きる必要がないという事実に関係しています。単為生殖する線虫は若いうちに繁殖期を迎え、必要な数の子孫を残した後、それ以上長く生きる必要がないのです。また、単為生殖という行為には寿命を縮めてしまう永続的な欠陥がある可能性も指摘されています。しかし、たとえ単為生殖が寿命を縮めていたとしても、同じ数の子孫を残している限り種を存続していくことができるのです。

3つ目の理由は、大変な交配の副作用のようなものとして、雌雄異体の寿命が長くなっているというものです。こちらが電子顕微鏡で見た線虫の交配の様子。どっちがどうなってるのか...。


160307selfbugs2.jpg


研究者たちによると、メスはもともと交配を乗り切るために「タフ」な作りになっていて、それが長寿のカギかもしれないとのことです。人間も女性1人で赤ちゃんを産めたら一体どんな世の中になるのかなと考えてしまいますね。

(3/11 4:20 編集部)初出時、記事本文に複数の誤訳がございました。読者の皆さまにご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。


image by Heiti Paves
source: The American NaturalistMax Planck Institute of Developmental Biology

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文
(リョウコ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア