日食の面白い見方:地球に青タンできてて痛そう!

これはこれは、ガツンといかれましたな…。

3月9日は、日本から部分日食を観察することができました。残念ながら、お天気が悪く見ることができなかったエリアも多くありましたが、例えばこんな日食の楽しみ方も。普通の人には見ることができない日食。それは、地球からではなく宇宙から楽しむ日食です。

NASAのディープ・スペース・クライメイト・オブザーバトリー(DSCO)が観測した、宇宙から見た日食がこちら。わかりますか? 月の影が落ちて、地球がアザをつくっているように見えます。ジャイアンに殴られたレベルのけっこうなアザですね。

日食の面白い見方:地球に青タンできてて痛そう! 1

ネタ元NASAのサイトで見ることができる、日食時の地球のアニメーションは、DSCOの地球多色撮像カメラ(EPIC)が撮影した13枚の画像をつなげたもの。サイトでは13枚の画像を静止画としてダウンロードすることもできます。

日食の面白い見方:地球に青タンできてて痛そう! 2

日食の面白い見方:地球に青タンできてて痛そう! 3

日食の面白い見方:地球に青タンできてて痛そう! 4

image by DSCOVR EPIC team/NASA. Animation by Joshua Stevens

source: NASA Earth Observatory

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(そうこ)